So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

水紋のせっけん研究会 [■手作り石けんの輪]

8月中旬、夏休みに名古屋でせっけん友達集合!
研究会と称して水紋のせっけんをつくりました。

水紋のせっけん
型入れ完了!

海外ではdancing funnel swirlとか言われてるやつですが、ファンネル(漏斗)は使いません。チュー容器(ドレッシングボトル)で根気よく作業します。下の作例は淡い色が多いけど、動画やインスタではくっきり配色で、重ね方によっていろんな表情が出ているものがたくさんあるので是非検索してみてください →★

研究会は人数も多いし一人当たりの量が少ないのでチュー容器は準備や片付けが大変すぎるかなと、スポイトを提案してみたのですが、それはそれで指が疲れると不評でした(笑)。

それでは作品写真
縦と横にカットして模様の出方を見ています
水紋せっけん
水紋せっけん

水平カットの丸もいいけど、縦に切ったウロコ模様もいいですね。
反省はちょっとトレースゆるすぎたこと。みんな白くポソポソ気味になっちゃったし、もっと重いほうが模様もきれいに出たと思います。

名古屋合宿と称して2日間ガッツリ遊んでくれた皆さん、研究会の場所から足までご提供いただいたaromamaはりぃ先生、汗だくも楽しかった!感謝感謝です。

また遊ぼうね!

***
こちらは2年くらい前に作ったせっけん、名前つけなかったんですが、実は同じテクニックを使っています。
ウロコ模様のせっけん
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

透明せっけんの型 [├ 道具]

道具整理していたら、出てきました

割れたアクリル型

アクリルのせっけん型です。
マスキングテープで留めていますが、側面中央にばっくりクラック(割れ)ができています。


最近透明せっけんが流行っていてSNS等で作成中の写真などをよく拝見しますが、とても気になるのがアクリル型を使っている方がほとんどだということ。

はっきり言いますが、アクリルは透明せっけんに使用されるエタノール等の低級アルコールに対して全く耐性がありません。できれば避ける方が良いです。
下に耐溶剤性の情報を貼り付けておくので見ていただけば分かる通り「常温で溶解しないが膨潤・クラックが発生」となっています。

私の写真のようにパシッと割れます。
例えばだんだん曇ってきてそろそろやばいかなー というような予兆はありません。ガラスに石が当たった時のように突然ピシッと音を立てて割れるのです。


私は普段、透明せっけんにはシリコン型や食品用のPPの保存容器を使っています。
ところが2年ほど前、急に思い立って、アクリル型にラップ貼って透明せっけん入れて漏れないわけないじゃろー実験(自分のラップ貼りの実力を試すための実験)をやってみて、なんと不運にも初回で、透明せっけんタネを流し込んでまだ固まらない数十分の間に割れました。
案の定ラップからも漏れてるし、型は割れるし、もうてんやわんや。

透明せっけん

割れなかったとしても実力不足でラップできないから二度とやらないと決めましたw


アクリル型は様子が見えるし、写真も綺麗に撮れるし、かっこいいんですが、割れたら買い換えればいいのよ〜 ってお大尽じゃない方は、どうしても写真撮りたい時以外はやめといたほうがいいです。

ちなみに透明せっけんほど大量のアルコールでなくても、ちょっとスプレーするくらいでもいっちゃうことがあるので、ソーダ灰防止やお手入れで磨く時も、覚悟を決めて行ってくださいね。

今まで何回も使ってるけど大丈夫、って人はただのラッキーです。私が大丈夫でも勧めた相手は大丈夫じゃないかもしれないので教える立場の人は注意してください。

※割れが発生する原因は、加工時の断面や洗浄等で発生した微細な傷等から組織内にアルコールが浸入し、そこに応力がかかること(局所的に不均一な力がかかるとイメージしていいです)と考えられます。
私のモールドの場合、平面にあった見えない傷か加工時の切り口、温かい透明石鹸タネによる膨張や液を入れたことによる内側からの圧力がきっかけではないかと思います。
上記のようにバシッといきなり割れるケースの他に、ネジ止め部や接着部で継続的に力がかかっている場所では蜘蛛の巣のように微細なクラックが広がるケースがあります。


あ、写真の割れた型は、留めとけばCPせっけんには使えるので捨てませんよw(ケチ)

アクリル材料加工とアクリル製品の"アクリ屋ドットコム" さんサイトより
アクリルとポリカーボネートの物性と耐薬品性
(画像クリックで大きい画像が開きます。全データはリンク先へ)
http://www.acry-ya.com/acry-ya_new/html/tokucyo/htm/tokucyo3.htm
アクリル樹脂の耐溶剤性

image.jpeg
シリコン型で作ったってきれい!

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

8月にメールをいただいた方へ [■手作り石けんな日々]

お詫びとお願いです。

8月中に、このブログのメールフォームまたはFBページからメッセージをいただいた方へ

私の操作ミスで、大切なメールまたはメッセージを紛失してしまいました。
大変申し訳ありません。
すでに相当時間が経っておりそれだけでも謝らなければならないのに。。。
まだお話を聞いていただけるのであれば、お手数ですがもう一度メッセージいただけないでしょうか。

プライベートなご事情もあり詳しく内容を書くことはできませんが、透明せっけん等のプライベート講座に関するお問い合わせでした。
ちゃんとお答えしたいため時間をとってと考えていたのが裏目に出てしまいました。

ご連絡お待ちしております。

ゆりくま

初心? [■手作り石けんな日々]

オリーブオイルのせっけん

シンプルに、オリーブオイルがメインのせっけん、固さと泡立ちもしっかりサポート。
牛乳パック縦使い、ナイフで切ったからやや台形w

先日、せっけんを作ってみたいという同僚たちと、アロマ部立ち上げましたとかなんとか言って職場の会議室で作ったせっけんです。
牛乳パックのバッテン、ひさしぶり! やっぱり好き。

身近にある道具で簡単に作れることを知ってもらいたいから、初めて作る、これから作り続けてくれるかどうかわからない人には、高くて立派な道具を使わせたり、お試しでもデザインのためのデザインを勧めたりしないようにしています。

手でグルグル混ぜて、しっかりもったりトレースが出たホカホカのタネをさっと型入れしてしっかり保温。24時間と言わず2-3日はそのまま置いて、口を開けて少し乾燥させてからパックをビリビリ破いて出してね。
で、失敗なくピカピカのせっけん、できちゃいます。
カットがまっすぐじゃないのも自分で作った達成感があっていいじゃないですか。
これだけで、実用に問題ない、っていうことを感じてもらいたい。

グルグル中

まずアクリルモールドみたいにちゃんとした型を手に入れなくてはいけない、実用性よりもデザインを大切にするために保温は最小限、ジェル化してしまうことは悪、失敗! みたいに伝えてしまうとむやみにハードルが上がってしまいます。

興味の入り口にいる人とお話しすると、初めからからデコラティブなせっけんを作りたいと思ってる人はほとんどいないものです。ネットで見るときれいな模様や面白い形の手作りせっけんがいっぱい出てくるから、そういうのを作りたくなったら言ってねとも伝えますが、大抵、今はいいって。

実用に必要ではないステップアップを押し付けないで、また使いたい、また作りたいが継続するサポートをできればと思います。日常使いにコツコツと作り続けてくれる人が増えていくことが、真に裾野が広がることですよね。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

巻き巻きスイカせっけん の巻 [■手作り石けん記録]

巻き巻きスイカせっけん

しつこく巻き巻きせっけん(rimmed soap)です
夏の宿題はスイカ!
MPソープで皮を作って巻き巻きするチャレンジです

巻き巻き準備

巻くにあたって、先日のsoapqueenの動画を参考に、筒の中身ぴったりのガイドをクリアファイルで作りました。巻きグセをつけた後、このガイドより少し小さめにカットすればきっちり嵌め込めるはず!
この作戦は成功だったと思います。
皮は、黒いシマを書いた上に緑を流す方法で作りました

失敗は2点
上の写真には黒い棒状のものが写っていますが、実はスイカの種です。
形にめっちゃこだわって作った種だったのですが、赤い部分もMPソープでは熱すぎ、サラサラすぎで棒状の種を固定できず、しかも途中で溶けてしまう事件が発生して断念。

もう一点は、MPソープは柔軟性が少なくて、皮の黒い部分が巻くことで剥がれやすいこと。
後から温めて付け直せばいいと言えばいいんですが。。。

溶けた種の残骸
タネ失敗

タネのせちゃいました
タネ後乗せ

ということで反省を踏まえて2回目
タネありスイカせっけん

赤い部分はCPせっけんなので、種をちゃんと入れることができました♪
形にこだわったの、わかっていただけますか?
作り方は。。。 MPソープ&ストローなのですが、ちょっと書くと引かれそうな理系テクの部分があるのでご興味のある方はお問い合わせください。

こちらも失敗してます
一つ目はやはり皮
黒いところが剥がれるのを防止するために薄く透明の皮をさらに外周に作ったのですが、透明部分がそのまま剥がれる事件が(涙)
緑部分と若干組成が違うものだったのが原因だと思いますが、密着性に問題ありです。
剥がれちゃう

もう一点は、内側の白い部分
今回はMPソープではなくここもCPで、タルトソープ作った時の生クリーム部分の残りを粘土的に伸ばして使ってみましたが、柔らかいと巻けません。
ダメな方法ではないと思うのですが、巻くのは焦らず固まってからにしましょう。
巻き巻き過程

巻き巻きシリーズは一区切り
これからしばらく忙しくなるのでお遊びはお休みです。
ネタはじっくり温めまーす

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

前の5件 | -
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます