So-net無料ブログ作成
検索選択

[本]代替医療のトリック [■手作り石けんな日々]



アップル&ブラックベリー石けん(@台湾)、下ろしました。
ドライアップルの裏側には何かのタネが!

いかにもなベリーフレーバー、サッパリした使い心地の石けんです。
ドライアップルはすぐはがれてきてしまうので、さっさと取り除くのがよさそうです。



さて、最近読んだ本の紹介です。

代替医療のトリック

代替医療のトリック

  • 作者: サイモン シン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 単行本


「代替医療のトリック」 サイモン シン著、新潮社

アロマやハーブや手作り石けんにかかわる人とこの本のいう「代替療法」とはかなり親和性が高いケースが多いだろうと思うので、こういう本に賛同しているというと反感を買ってしまうかもしれませんが。。。


世の中には数多くの「医療」「療法」や「セラピー」があって、効く作用が明らかなもの、作用は解明されていないけど効くもの、プラセボ程度の効果しかないもの、効くどころか悪影響しかないもの、さまざまです。

この本は代表的な代替医療を上記のような観点で(もっとちゃんとした言葉で)解説、分類していきます。
多くは「科学的根拠に基づいた」検証の結果プラセボ程度の効果しかないことが証明されています。(範囲を限定すれば効くものもあります)
プラセボを「効く」というのが悪いことなのか、なぜトラブルが起こるのか?
代替医療を施す人、受けようとする人、現代医療それぞれの問題点やあるべき姿を考察していきます。

私は決して代替医療やプラセボそれ自体が悪いとは思いません。
多くの代替医療はいわば「プラセボを発動させるための壮大な仕掛け」なのでしょう。
うまくプラセボが発動して改善が見られればラッキーです。しかし改善しなかった場合にいつまでもその方法に固執し続けることは、時にはクライアントの命にかかわるほど危険なことです。
代替医療にかかわるセラピストの方々は概して根気よくクライアントに向き合い共感することで癒しをもたらす素晴らしいスキルをお持ちです。そのうえで、療法の限界や適用可能な範囲を十分認識し、期待する効果が出なかったときにはただちに適切な対応をとる姿勢を持っていただいたら最強ではないでしょうか?
守るべきは療法の枠組みではなくクライアントの命なのですから。



クリック応援よろしくお願いします。人気ブログランキングへ


---------------------

また突然の予定変更で、この週末から来週いっぱいほぼ不在です。
かなり追いつめられています(涙)

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 8

コメント 2

リエ

おはようございます。

代替医療、本当に考えさせられる問題ですね。
自然、ナチュラルって何だろう?と疑問を持ったりします。
科学的に実証、と言われても、その専門知識はクライアントにはないわけですから。
妄信して命を落とす方もいらっしゃるようで、とても悲しいことです。
わたしも代替医療は、中立的な立場で取り入れたい、と思っています。
病院で診察を受けると、ストレスをなくしましょう、と言われることも多い昨今、
病は気から、ということもありますし、
代替医療というよりは、セラピー的なケアは必要なのかな、と思っています。

すぐはがれるにしても、バナナやりんごはかわいくて、乙女心をくすぐりますね。
by リエ (2010-11-20 08:16) 

ゆりくま

■リエさん

どれだけ気を付けていても自分が最後までその罠にはまらないでいられるか、正直あまり自信がありません。
せめて自分が人に迷惑をかけるようなことだけは避けたいものです。

りんごは剥がれるくせに結構肌あたりがきつく(ゴリゴリ痛い)、超邪魔ものです。・・・かわいいんだけど。

by ゆりくま (2010-11-22 22:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます