So-net無料ブログ作成

透明せっけんのコンフェティに使う色材 [├ 石けんの色]

イマイチな透明コンフェ

透明せっけんやM&Pソープの透け感を活かしたコンフェティを散らしたせっけんで、保管中にコンフェティ部分の色が抜けてしまってがっかりしたことはありませんか?

そのお悩み、着色に使う色材の選び方で解決できるかもしれませんよ。
久々に長文です。

透明に仕上げたい透明せっけんやMPソープでは、市販の透明なカララント(カラージェルなど)や食用色素を水で溶いたもの、アルコールを使ったティンクチャー(チンキ剤)やインフューズドオイルの形で植物色素を抽出したものを使うことがほとんどです。
もちろんとってもクリアな透明せっけんができあがります。

がしかし!

そのような色素は水溶性または脂溶性の「染料」で、水彩絵の具で描いた線を水でなぞると滲んでしまうように、水分や油分の移動に便乗して隣り合った無色または別の色のせっけんの方にだんだん拡散する性質があります。
つまり初めに書いたコンフェティの例では、透明せっけんやMPソープの色素がコールドプロセスのタネの方に拡散して薄まってしまい、ベースのやや黄味がかったせっけんに戻ってしまうのです。
透明せっけんの時に限らず普通のコールドプロセスでも、デザインせっけんで染料系のカララントやインフューズドオイルのタネで繊細なスワールを描いても、使えるようになる頃には色が滲んでぼんやりになってしまいます。

繊細ではっきりしたスワールを描く時に使う色材は、二酸化チタン、炭、ウルトラマリンなんとか、酸化鉄、クレイ、市販の各種マイカやピグメントなど、粉状で水にもオイルにも溶けない「顔料」です。

顔料は水や油に溶けておらず、微細な粉が分散した形で存在しているため、染料のように容易に周辺に拡散していくことがないため、いつまでもシャープな模様を保つことができます。

手元にはCPの例がないので、ぷるぷるせっけんとMPソープで染料と顔料の違いを見てみます。

【例1】ぷるぷるせっけん
ぷるぷるせっけん

紫のLabcolor(水溶性の染料)で作った具を無色のぷるぷるせっけんの中に入れてみました(写真左上)
時間が経つと紫色が周りに溶け出して、そのうち全体がぼんやり紫色になってしまいました(写真右上、下)
一方、写真下の右側、炭パウダーで着色したお魚の具は、紫と同時に作成したのですが、色が溶け出さずいつまでたってもしっかり形を保っています。


【例2】MPソープ
黒猫ソープ

右下の白黒猫のせっけんでは、顔料で着色した白猫(二酸化チタン)と黒猫(炭パウダー)はくっきり猫型を保っています。背景の赤色は染料がにじむ性質を意図的に使ってグラデーションを作り出しています。下部1/4くらいの位置にだけ赤色のLabcolorで濃く着色したタネを、上部3/4は無着色の透明なタネを流して固めます。作りたてはくっきりレイヤーですが、ほんの数日で赤色が拡散して美しいグラデーションになります。長期保管すると全体が均一なピンクになってしまったかもしれません。(もう手元にないのでわかりません。。。)


透明なタネの色がにじまないようにすることは可能な例も一緒に写っています。

MPソープの写真で、左下の横向きの猫の作品をごらんください。猫の右肩に透明な桜の花びら型の飾りを埋め込んでいますが、にじまずくっきり形を保っていますよね。
これは、透明のタネにほんの少しだけピンクのピグメント(顔料)で着色しているのです。
同様に顔料で着色したMPソープや透明せっけんはCPソープに埋め込んでも色抜けしないはずです。

MPソープは加熱で溶かした状態でも比較的とろみがあるので、大抵の顔料の粉をきれいに分散させて着色することができます。

油から作る透明せっけんはどうでしょう? 実は少々難しいところがあります。
顔料は不透明なので、入れ過ぎたらせっかく手間をかけて作った透明せっけんが台無しです。また型入れ前のタネがサラサラなので粉は沈んでしまうかもしれません。。。 なので初心者の方向けの王道透明せっけんの講座では、まず染料系の透明な色材で着色してくださいとお話ししています。

でもでもうまくいく例もあるのです。先日透明せっけんを作った時に、少しタネを取り分けて実験してみました。

透明せっけん&顔料

左から4つはせっけん用のネオンカラー、一番右のグリーンは水酸化クロムです。
小さい容器に先に色材を入れておいたものに透明せっけんタネを注いだため後から加減ができず、全体的に入れ過ぎでわかりにくくなってしまいましたが、ネオンカラー4色はきれいに分散して、薄く切ってみたものは透明感あります。水酸化クロムは本当の入れ過ぎで写真では透明感ゼロですが、色材自体はきれいに分散して底に沈んでいないので、ほんの少しだけ使うようにすれば透明感をキープできる期待が持てます。

うまくいかなかったものもあります
透明せっけん&マイカ

粒子粗めのパールのマイカです。底に沈んでしまいました。(左の大きい塊の、光っている面が型の底です)
それでも縦に切ってみると、断面にキラキラが少し残っています。
全体をキラキラにすることはできませんでしたが、底だった部分に本当に薄いキラキラ面ができてこれはこれで美しいです。逆にこのテクニックを宝石せっけん作りなどに活用すると面白いのではないでしょうか。

まとめると、サラサラの透明せっけんタネにも沈まないできれいに分散する顔料を少量使って着色すれば、透明感があって色にじみしないコンフェティを作ることができます。
今回の実験では比重が小さいと考えられる有機顔料のネオンカラーと、金属系でも水酸化クロムは均一に着色できましたが、おそらく比重の重いマイカ、また写真はありませんがクレイも沈んでしまい、透明感のある着色には不向きということがわかりました。

今後も実験を進めて、使える顔料や混ぜ方のコツなどをご紹介できればと思います。


さらに実は。。。作りたての透明せっけんタネでは沈んでしまったと書いたクレイですが、古い透明せっけんのリバッチでは溶かしたタネにとろみがあるため、沈まずに混ぜることができました。
顔料を使うとグラデーションにならず、くっきりレイヤーができるというヒントも隠れています。
ますます幅が広がりそうです!
ホワイトカオリン&透明せっけん


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます