So-net無料ブログ作成
■ナチュクリ? ブログトップ
前の10件 | -

洗濯機クリーニング [■ナチュクリ?]

ネットお休みとか言っておきながら、うだうだ現実逃避中。
そろそろお尻に火が着いているのに。



最近すっかり洗濯機のクリーニングをさぼっていたら、黒い衣類に白い石鹸カスが付くように・・・
といっても洗濯物全体が真っ白なんじゃなくて、洗い終わった衣類を取り出すときに洗濯槽の壁に付着している金属石けんを拭き取ってしまうことがあるようで、きわめて局所的に白い線が付く感じです。

洗濯機のステンレス槽には上の写真のように白いものが。
水抜きの穴にも満遍なく付いています。
(洗濯槽にカメラを突っ込んで撮影しているので変な向きですいません。)


これはイカンと早速クエン酸洗浄を。

最高水位までお湯(おふろの残り湯)を張り、1/2カップほどのクエン酸を溶かして数分撹拌した後、2-3時間放置。
その後標準コースで1サイクル運転して完了です。



すっきり!



・・・がしかし、これで安心してはいけません。


酸洗浄で金属石けんはすべてはがれおちたわけではなく、槽の裏側あたりはせいぜい「溶け残りの石けんや金属石けんや諸々の汚れの混じった塊が緩んだ」程度。ここで普通に洗濯してしまうと、ゆるんだ白いカス(塊状)やいままで塊にがっちり保持されていたに違いない例のワカメ状物質が大量にアルカリ性の水中に放出されてしまうため、この後必ず酸素系漂白剤での洗濯槽洗浄(いわゆるワカメ退治)を行う必要があります。

逆に言いなおすと、石けん洗濯をしている人は酸素系漂白剤(過炭酸塩)での洗濯槽洗浄をする前にクエン酸洗浄をしておくと効き目が全然違いますよ、ということです。

酸素系漂白剤で洗浄中の模様は・・・
あまりにお恥ずかしすぎてお見せできません。




人気ブログランキングへ









new重曹シェイカー [■ナチュクリ?]

重曹いれ

キッチンに常備の重曹、容器を変更しました(写真手前の穴の大きい容器)

蓋ができて、パッと開けてささっと振り出せるものが理想です。
蓋ができないとすぐに湿気てしまうし、穴が小さいと固まって出てきにくいし、ある程度大きさもほしいし・・・、なかなか良いものがないのです。
写真奥の砂糖入れは一振りでそこそこたくさん出てくれるのはいいのですが、蓋がなく筒の口のところで固まりやすい、中味がいっぱいでも少なくても出てきにくいなどの欠点がありました。
新容器はなかなか快適です。

でこれは何の容器かというと・・・

ふりかけ

ふりかけの瓶の再利用でした。
海苔ふりかけが好き♪

---------------

10/5現在

プライベートでちょっと気を抜けないことがあり、あまり石けん石けん言っていられない状況です。(まあ人生長いですからそういう時期もあります)
そんな折 本業の会社員のほうも出張weekに突入したり予算編成がはじまったりでなんともてんやわんや・・・。

そんなわけで少し留守にしがちになるかもしれません。
なるべく覗くようにはしますが、コメントやメールのお返事などいつにも増して亀になりそうです。
のんびりお付き合いよろしくお願いします。

そうそう、10月6日(火)~12日(月・祝)は「かっぱ橋道具祭り」ですよ!
行きたいなぁ。行けなさそうかなぁ・・・
http://www.kappabashi.or.jp/home/matsuri2009.html
11日か12日に行く人は私とすれ違えるように祈っててください!

重曹で錆とりできちゃった [■ナチュクリ?]

毎日のように使っている鋳物ホーロー鍋、蓋に錆が出てきてしまって・・・。
錆取り剤を買いに行かなきゃと思ってはいるもののいつも忘れてしまう。

で、試しに重曹の粉ですりすりと擦ってみたところ、なんときれいになってしまいました。

ル・クルーゼの蓋

洗い上がりを布巾で拭いて、まだ少し湿ってるかなというところに重曹をたっぷり乗せて指で擦っただけです。
重曹が茶色くなったのでしっかり研けていたと思います。

ちゃんとその後オイルを塗っておきましたよ。
次回使った後も油までお手入れするかどうかは微妙ですが。。。






重曹&ハチミツ で リンスインシャンプー♪ [■ナチュクリ?]

先日の 石けんシャンプーの合い間に重曹溶液でシャンプーをしている という記事を書いた後、重曹ペーストならもっと地肌をしっかり洗えるかも、と思い立ち、挑戦してみました。

ただペーストにするのではなんなので、時々使っているハチミツ入り重曹ペーストの応用編にしたのですが、これが大当たりでした♪。

続きを読む


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

重曹洗髪&洗顔 [■ナチュクリ?]

先日カラーをしなおしてからどうも髪のパサツキが気になるので石けんシャンプーの回数を減らしています。でもできれば毎日洗いたいほうなので、代わりに重曹洗髪も取り入れることにしました。なかなか良い感じです。

重曹シャンプーは洗面器のお湯に重曹(目分量だけど大さじ1も入れないくらい)を溶かして、手で髪と頭皮によくなじませてから、すすぎます。
私はこのあとハーブビネガーでリン酢&すすぎ。(石けん洗顔した顔などもいっしょにリン酢するとしっとりするのでシンプルな酢水が好き♪)
タオルドライ後に毛先中心にオイルをなじませています。このオイルもすっきり落ちているように思います。

また、冬場は乾燥で粉を吹きがちなので朝は石けん洗顔をしないのですが、夜のお手入れで油分を多く補っていた時などはやはりお湯に重曹を溶かして洗顔(その後はさら湯ですすぎ)するとさっぱりします。

本来髪の汚れの7割くらいは予洗いすれば落ちてしまうものなのだとか。それで湯シャンなんていってお湯で流すだけという方法もあるのですが、私の場合は(何も整髪料を付けていないときでも)これだけだと逆に髪がもったり固まったように感じるし、頭皮がすっきりしなくてダメでした。

ところで個人差の非常に大きい部分の話になりますが、私の髪は重曹水溶液でもかなりきしみます。
重曹水溶液(pH8.2ほど)は一般的な石けん水よりもpHが低く、これできしみが出るのだからきしまない石けん洗髪なんて私にはありえないという事が納得できました。どの石けんはきしみが少ないとか、きしまない石けんレシピ探求とかには深入りせず(そもそも立ち入ってないけど)、ちゃんと洗ってリン酢で戻すというプロセスを地道にこなしていくことにします。


合う合わないの話を書いてしまった勢いでもう一つ。

今使っているリップクリームは蜜蝋の大半をキャンデリラワックスに変えてみたのですが・・・。
・・・これ、嫌いな口紅に似てる・・・。

味や香りや唇が固くなって皮むけしそうな感じも。(味と香りは少量入っているローズワックスのせいかも。)
昔 口紅で皮剥けしていたのはキャンデリラワックスのせいだったのかな?? ひょっとして合わない?
最近の口紅ではそういうことは少なくなったのですっかり油断していました。

次回は蜜蝋に戻してみます。

※当ブログ内の手作り石けん・化粧品等の使用感は私(ゆりくま)の個人的な感想です。すべての人が同じように感じられるとは限りませんし、材料が合わない可能性もあります。参考にされる場合には十分ご注意ください。


nice!(3)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ゴーヤと重曹 [■ナチュクリ?]

石けん生活をしている方は、多くの方が重曹生活も楽しんでいらっしゃることと思います。
洗うという行為も楽になりましたが、私にとっては洗濯用粉石けん以外の洗剤を買う必要が無くなったことが本当に気楽です。

そんなお気楽生活の友 重曹、こんな使い方もしています。
それはゴーヤの苦味抜き

夏は是非食べたいゴーヤ、でも実は私は苦味があまり得意でありません。
たいてい大丈夫なんですが、たまにとんでもなく苦いのにあたってしまうとがっかり。
オットやその実家の方々は(なんか健康食品慣れしていて)スライスしてそのままイケてしまうんですよ。ちょっとシンジラレナイ。

で、重曹の登場です。
ゴーヤ料理レシピには「スライスしたゴーヤに少量の塩を振ってしばらく置く」風の記述があることが多いですが、この塩の部分を重曹に置き換えるだけです。塩よりも苦さが和らぐと思います。
重曹を振って全体に回るように軽く混ぜ合わせてしばらくおき、チャンプルーなどの炒め物にするときはさっと洗って水気を切って使います。
(重曹自体が苦いので、料理に入らないように注意です)

上の写真は簡単ゴーヤおひたし
1)ゴーヤは洗って縦半分に切り、種とワタを取って5mm厚さくらいにスライスする。
2)スライスしたゴーヤに重曹少々を振って少し揉みこむように全体に混ぜ、10分くらい置く。
3)お湯を沸かし、2)の重曹ゴーヤをそのまま入れてさっと湯通しする。
4)ザルに空けて流水でさっと流した後、しぼって水気を切る。
5)めんつゆ(2倍濃縮タイプ)と鰹節で和えてできあがり(少し浸して味をしみこませたほうがおいしい)

しゃきしゃきしてるとおいしいので茹ですぎ厳禁。
茹でたお鍋にくっきりアクが付くので、苦味取れてる~感があります。

あ、イボが大きくて色の薄いゴーヤは苦味が少ないらしいですよ。念のため。

・大容量天然100%重曹(ナチュラルベーキングソーダ) 6Kg
ちょっと大きいけどこのくらいあると惜しみなくお風呂にも入れられます。

-------------------------
■□BBS□■にも遊びに来てね。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハチミツ ボディスムーザー [■ナチュクリ?]

膝がちょっとザラザラしたので、ちゃっちゃっとボディースムーザーを作ってお風呂マッサージしました。

体を洗った後、ぬれた状態の肌にとろとろのスムーザーを置いてマッサージします。
皮膚の柔らかいところは軽く、ひじやひざ、かかと、手足の指先なんかは念入りに。
ツルツルしっとりになりました~♪

■今日の思いつきレシピ
重曹 小さじ3
塩 小さじ1 : 微粉末のものがなければ重曹で
ハチミツ 小さじ1
水 小さじ2~3
スイートアーモンドオイル 小さじ1/3
ローズマリーEO 1滴

重曹(塩)、ハチミツ、水をよく混ぜあわせます。水は小さじ1~2くらいでハチミツをなじませてから、全体の固さを見ながら適当に増やします。
使うときにお湯を加えられるので、固いかな?くらいでも十分です。ここで少し時間を置くとよくなじんでとろとろ感が増すように思います。
お好みのキャリアオイル少々とEOは使う直前に入れてよく混ぜます。

擂り込まないで撫でるようにマッサージしたら、お湯で流します。

いつもは重曹だけで作ります。しかもかなり目分量。
塩を混ぜるとスクラブがきつくなるので念入りお手入れのとき用です。小さい傷とかにしみるしね。

ハチミツはグリセリンに置き換えられます。

オイル無しで、水分を液体石鹸かジェルソープに変えてゆるめに作れば体を洗いながらのスクラブにもなります。
泡は立てにくいので直接肌に使うような形になります。これは汗をいっぱいかいてさっぱりしたいときにおすすめです。

※手作り化粧品やスキンケアは、私が個人的に気に入っていて自分にあっていると思うレシピや使い方を紹介しています。すべての方に同じように心地よく使えるとは限りませんのでご注意ください。※

-------------------------
■□BBS□■にも遊びに来てね。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

重曹&ビネガー [■ナチュクリ?]

先日のバスボムが好評

その後のお風呂がきれいなのもよかったとのことで、うれしい限りです。

ウチでは重曹風呂に加えて、お風呂洗いも重曹でしています。
濡らしたお風呂またはスポンジに重曹をふりかけ、こするだけです。洗剤いらずで楽々です。
重曹風呂に入って、最後の人がお湯を落としつつお掃除すれば、ふりかける重曹もいらないくらいなんですが、毎晩遅くなるのでなかなかそういうわけにはいきません。残り湯でお洗濯もしたいし。

ちなみに、このサイズ(5.4kg)で購入しています。入浴剤として使うだけなら30-50回ぶんはありますね。もちろん台所やトイレにも常備していますよ。ガスレンジ周りがすっきりです。
アーム&ハンマー印のベーキングソーダ(重曹)  5.44Kgアーム&ハンマーベーキングソーダ
小さいサイズのはホームセンターなどでも見かけますね。
アーム&ハンマーベーキングソーダ 詰替
カネボウ/アーム&ハンマー の、オレンジのパッケージのは洗剤となっているけど食品グレードです。
掃除用としているもので、極端に安いものの中には工業用グレードのものもあるので注意が必要です。気分の問題ですが、お風呂にはちょっとね。

あわせてホワイトビネガーも。リン酢と消臭スプレーなどに。
ハインツ ホワイトビネガー 5L

バスボムに使うのはクエン酸です。局方のは高いので、次回からは食用で購入する予定です。
クエン酸【食品用良質品】1kg


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

バスボム作成 [■ナチュクリ?]

石けんをお買い上げいただけるお友達へのプレゼントで、バスボムを作成。

今回はミルクを入れてみようと思い立ち、こんな感じで配合しました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

重曹入浴剤 [■ナチュクリ?]

オット君が大量に汗をかく季節になりました。

体を動かすこともある仕事なので、疲れをとるためにも湯舟に入ってほしいものです。
汗がさっぱりする重曹入浴剤、補充しました。

今回の香りは 、喉もすっきり「ラベンダー+ラバンサラ」、ひのき風呂もどきで「青森ヒバ」の2種類です。

作り方はいたって簡単。
瓶のサイズに合わせて、2カップほどの重曹に精油を10ー20滴くらいおとしてよく混ぜます。振り混ぜるだけではダマが壊れないので、スプーンですり混ぜるようにしてからふたをして均一になるように振っています。

目分量ですが、お風呂のお湯に1/3カップくらい入れます。1カップ入れる方もあるようです。精油は入れなくても、重曹だけでもいいですよー。汗もさっぱりしますが、実は結構芯から温まっちゃうんです。

お湯が弱アルカリ性で皮脂よごれが溶けやすくなるためか、湯舟のガビガビ汚れが少なくなってお風呂掃除が楽なのもいいところです。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - ■ナチュクリ? ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます