So-net無料ブログ作成
検索選択
■手作り石けん記録 ブログトップ
前の10件 | -

カレンデュラのせっけん [■手作り石けん記録]

カレンデュラのせっけん

自分ち用せっけん、もう直ぐ解禁♪

カレンデュラ、ローズ、ラベンダー ブレンドのインフューズドオイル、たっぷりハチミツの自分的に贅沢せっけんです。
インフューズドオイルの香りがふんわりと残って、使うのが楽しみです。

カレンデュラのせっけん
カレンデュラのせっけん

ハチミツは苛性ソーダ水に先入れしています。
苛性ソーダ水は赤くなりますが(どのくらい赤くなるかはハチミツの種類や量によります)、せっけんにハチミツ色は残りません。
型入れの時はとっても黄色くて、ウル抽オイルなのであっという間に型入れだったのですが、温度がよく上がってジェル化始まっているかもという温かさだったと思います。
カット時にはハチミツ水の赤さはすっかり消えて落ち着いて、インフューズドオイルの濃い黄色が残りました。

カレンデュラのせっけん

カレンデュラのようなハーブを乗せた時、ハーブ部分を上にしてワイヤーやナイフでカットすると、カット面にハーブを引きずった傷ができてしまいます。
潰れることが気にならないハーブ盛りなら逆さにしてカットすると傷が少なくて済みますよ


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

クマシャン2016/フィトピグメント [■手作り石けん記録]

クマシャン2016

もう冬になろうとしているのにスースーせっけん。
作ったのはまだ暑い時期だったんです! 季節が移ろうのが早くて着いていけませんわっ

我が家の定番 ココナッツオイルメインのスースーシャンプーせっけん、クマシャンを量産しました。
単に在庫切れしそうだったから。季節に関係なくシャンプーはこれが好きだから。

色付けはフィトピグメントで、藍、アカネ、カリヤス、紫根とそのブレンドです。
エレガントで流れるようなデザインにするつもり。。。でしたが、暴走気味でマッシュポテトを型入れしたのは内緒です。
マッシュポテトになっちゃってからでもねりねり均一に着色してもりもり型入れできるもんですよ、みなさん。

上写真の山形のは無理無理ハンガースワール、下写真のは斜めに層を作っています。
ハードメインのレシピを高温で作るとカット面がツヤツヤキラキラになりやすいところに、微妙な濃淡が輝石の断面のようで、下写真のはかなり気に入っています。
フィトピグメントのせっけんは高温のほうが発色が良くなることも相乗効果でしたね。

クマシャン2016
ピンクと紫がきれい♪

当分家用せっけんは作らないでいけそうです。
クマシャン2016


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

巻き巻きスイカせっけん の巻 [■手作り石けん記録]

巻き巻きスイカせっけん

しつこく巻き巻きせっけん(rimmed soap)です
夏の宿題はスイカ!
MPソープで皮を作って巻き巻きするチャレンジです

巻き巻き準備

巻くにあたって、先日のsoapqueenの動画を参考に、筒の中身ぴったりのガイドをクリアファイルで作りました。巻きグセをつけた後、このガイドより少し小さめにカットすればきっちり嵌め込めるはず!
この作戦は成功だったと思います。
皮は、黒いシマを書いた上に緑を流す方法で作りました

失敗は2点
上の写真には黒い棒状のものが写っていますが、実はスイカの種です。
形にめっちゃこだわって作った種だったのですが、赤い部分もMPソープでは熱すぎ、サラサラすぎで棒状の種を固定できず、しかも途中で溶けてしまう事件が発生して断念。

もう一点は、MPソープは柔軟性が少なくて、皮の黒い部分が巻くことで剥がれやすいこと。
後から温めて付け直せばいいと言えばいいんですが。。。

溶けた種の残骸
タネ失敗

タネのせちゃいました
タネ後乗せ

ということで反省を踏まえて2回目
タネありスイカせっけん

赤い部分はCPせっけんなので、種をちゃんと入れることができました♪
形にこだわったの、わかっていただけますか?
作り方は。。。 MPソープ&ストローなのですが、ちょっと書くと引かれそうな理系テクの部分があるのでご興味のある方はお問い合わせください。

こちらも失敗してます
一つ目はやはり皮
黒いところが剥がれるのを防止するために薄く透明の皮をさらに外周に作ったのですが、透明部分がそのまま剥がれる事件が(涙)
緑部分と若干組成が違うものだったのが原因だと思いますが、密着性に問題ありです。
剥がれちゃう

もう一点は、内側の白い部分
今回はMPソープではなくここもCPで、タルトソープ作った時の生クリーム部分の残りを粘土的に伸ばして使ってみましたが、柔らかいと巻けません。
ダメな方法ではないと思うのですが、巻くのは焦らず固まってからにしましょう。
巻き巻き過程

巻き巻きシリーズは一区切り
これからしばらく忙しくなるのでお遊びはお休みです。
ネタはじっくり温めまーす

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

巻き巻きせっけん(Rimmed soap) をつくる会 其の二 スワールせっけん篇 [■手作り石けん記録]

rimmed soap

ハマのソーパー会のスピンオフ、巻き巻きせっけんをつくる会の記録、CPのスワールせっけんからふち部分をつくる篇です。

当日は場所を午後から夜まで押さえていて、せっけん班の作業の流れはこんな感じ
1) 縁取り用のスワールせっけんを仕込んで保温
2) 縁取り用のMPせっけんを作成し、巻き巻きして筒に入れる
3) MPせっけんの中身を作成して型入れ、保温
4) スワールせっけんを切り出し、巻き巻きして筒に入れる
5) スワールせっけんの中身を作成して型入れ
→ 3と5をお持ち帰り
オヤツお食事班も3以降に同時進行で準備が進み、3から4の間にプチ宴会

モリモリでタイムキーパー必須のスケジュールです。
やはりというか、そこが一番のヤマ場というか、4の切り出しで試行錯誤が発生して時間がかかり、板ができあがってからの残り時間が1時間弱!! (退出準備含む) で、どうなることかと思いましたが、最後の底力を発揮してきっちり退出できました。

そんな感じだったので、板を巻いて筒に入れる作業は大騒ぎで記録が取れていません。
前回のM&P巻き巻きの段取りをご参照ください →こちら★

スワールせっけん作成 → 切り出し の様子はムービーにまとめたので、ぜひご覧ください


以下写真レビュー
作るせっけんは12人分(チップスターの筒 12本分)なので、全体的にボリュームがでかいのはご容赦ください。

スワールせっけん
約2リットルのせっけんタネを大きなシリコンモールドでスワールデザインで型入れしました
レシピは ハード 45%、ソフト 55%。海外サイトの調査で標準的だった配合です。
型は 28×22×4cm、ゆりくまの秘蔵アイテムが初めて役に立ちましたw

CPOP
タネはオーブンの余熱で70℃保温しました。いわゆるCPOP (Cold process Oven process)です。

使用したオーブンの最低の設定温度は90℃のため、まず90℃で予熱を行います。
一旦加熱をやめて手早くせっけんとオーブン用温度計を入れてドアを閉め、オーブン内温度を確認します。
50℃に下がっていたので、温度計を見ながら90℃設定で加熱し、70℃になったところで停止します。
このあと3時間、再加熱なしでオーブン内は70℃を維持することができました。オーブンがよく保温できるものだったのと、せっけん自体が発熱しているので問題なかったのでしょう。
本場USAのCPOPも、オーブンに放り込んだら余熱だけで一晩放置というのが普通のようです。

つくる会では当日中に型だしカットしなければいけないので加速のために加温しましたが、必須の工程ではありません。通常のCPで1日程度保温すればよいです。ただし、巻き巻きの工程で必要なしなやかさを出すために、ジェル化は必須です。保温から出したら乾燥させないうちにスライスと巻きの作業に入ってください。

image.jpeg
オーブン約3時間保温後、ジェル化でやわやわのせっけんを、冷凍1時間で固めました。
筒に入れる時の高さに合わせて3つに切って、スライスします

スライス用の道具
ジャンプ解体

スライスは、陶芸で言うところの「たたら切り」方式を採用しました。
道具はあるものの持ち寄りで、素麺か何かの木箱、段ボールに巻き付けただけのワイヤーカッター、漫画雑誌を解体した厚さ4.5mmの台紙 です。

というところでなんとカット中の写真がなかったので、実際には先の編集したムービーを見てくださいませ。

せっけんスライス
この写真はうまく使いこなせなかったスパチュラでの構えです(抵抗が大きくなりすぎて水平に引き切るのが困難でした)。
ワイヤーの場合も同様に、木枠のふちをガイドに、置いたせっけんの上部をスライスします。切ったら下に台紙を足してせっけんを底上げしていくことで同じ厚さのものが何枚か取れる仕組みです。
試行錯誤しながらの共同作業のため、ムービーではいっぱい手が出てますが、木枠がお腹の方にくっつきすぎないように何か挟むような工夫だけできれば、一人で十分できる作業です。
また、ワイヤーでこすれて木がささくれ立つのを防止して滑りを良くするために、マステを貼りました。

ワイヤーでのたたら切りは、一回できてしまえば2枚目以降は簡単でした。横にピンと張って、勢い良く引き抜くのがコツかなと。
できれば木箱(カットのガイド)はもう少しせっけんの幅に近いものの方が楽かもしれません。
カタン糸でもできるという話もありますので、お手持ちの何かを工夫してみてください。

あるいはカット台に横にピンと張ったワイヤーに、せっけんを押しつけて切るという方法もあります。
私はワイヤーを張る工作のよい方法を思いつかないので(糸鋸のソープカッターを上手に固定するとか?)たたら切りの方がイメージしやすいですが。。。

image.jpeg
スライスした板たち♪
スライスした高さによっていろんな表情が出ていて、どれも綺麗です。
12枚取れれば十分だったのですが、結果的にちょっと失敗も入れて20枚近くできてしまいました。

ムービーの終わりにも触れましたが、せっけんが型に入っていた時の一番上の面は乾燥が進んで固くなっているため、薄いスライスや筒状に丸める作業に不向きでした。
スライスするときは、上面はちょっと厚めに切って使わないか、ひっくり返してやわらかい底面から切りはじめる方がスムーズです。

rimmed soap
筒に入れて、中身を詰めて完成

つくる会での作業は以上でした。
型から出した時の様子や、やってみて思うことなど、追記したいこともありますので、このシリーズはあともう一回、続きます。


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

巻き巻きせっけん(Rimmed soap) をつくる会 其の一 M&Pを巻き巻き篇 [■手作り石けん記録]

先の日曜日の事、
Rimmed soap、直訳すれば縁取りせっけん、ハマのソーパー会では巻き巻きせっけん、を作る会でいっぱいせっけん作ってきました。いっぱいというのは。。。 自分のもたくさんありますが、ドタキャン入れて12人分、24個のチップスターを縁と中身の2回型入れしてるのですから、もう大騒ぎです

今回と次、2回くらいに分けてわいわい作った様子をご紹介します。
まずは私の手元にやってきた作品集です。縁取りいろいろです。

スワールのCPせっけんを縁取りに使うもの
王道です
ふち部分を切り出した場所によって模様が変わるのも面白いですね
rimmed soap 巻き巻きせっけん
rimmed soap 巻き巻きせっけん

続いてふち部分をMPソープで作ったもの。
こちらの透明MPにカレンデュラを入れるデザインは海外サイトで一目惚れで、真似させてもらいました。
ハマのソーパー会バージョンはカレンデュラにべに花をひとつまみ加えて、花弁は赤く、ベースには黄色を濃く出す作戦です。
元ネタはこちら(ロシア語で読めません)→★

rimmed soap 巻き巻きせっけん
rimmed soap 巻き巻きせっけん


最後はふち部分が透明せっけん
これは透明せっけんを作った時に少し取り分けて縁取りの試作をしたものです。
七夕の頃だったので星を散りばめた夜空っぽいイメージです。

rimmed soap 巻き巻きせっけん

ーーーーーーー
3種類のrim(縁取り)を作ったことになります。

気軽に作れる素材 : M&P > 透明せっけん > CPスワール
巻きやすさ : 透明せっけん > M&P > CPスワール
巻きやすさは、しなやかさと脆さとベタベタの加減で都度変わってくるかなという印象です。

簡単に作れるM&Pで作った時の様子をご紹介します。

M&P巻き巻きせっけん

今回は背の低い方のチップスターの筒を型にしています。
直径が5.5cmなので くるっと巻く円周は約20cm、高さを7〜8cmは欲しいかな、厚みは4〜5mm目標ということで余裕を見て「23×9cmの耐油紙のお皿」を作り、100グラムのM&Pソープを流して板を作りました。

今回のは生活の木のM&Pソープベースを用意してもらいました。
100gのベースにティースプーン1杯弱のカレンデュラオイルを入れています。このオイルだけと、さらに小さじ1〜2杯程度(目分量)の消毒用エタノールを加えたものとでは、明らかに消毒用エタノールを加えたものがしなやかでスムーズに巻くことができました。
M&Pソープベースはメーカーによって組成や硬さが違うので明確に添加量を決めることができませんが、消毒用エタノールを多めに加えて軟らかくしておくと作業がスムーズだと思います。

上の完成写真で、中が白のものはオイルだけ、ピンクのはプラス消エタ入りです。
白い方がカクカクしていて、ピンクの方がスムーズに丸くなっているのは見た目に明らかですよね。

さて、しっかり固まったら型に合わせて丸めて余分をカットするのですが、その様子は動画をご覧ください。



透明せっけんも、やり方は全く同じです。
溶けた透明せっけんを紙の上に流して板状に固めました。

透明せっけんで巻き巻きせっけん

2色のタネをマダラに流してグリッターをのせています。
水溶性の色材のため色の境目は緩やかにグラデーションになりました。


次回、CPスワール篇もお楽しみに。
rimmed soap

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

ステンドグラス調の透明石けん [■手作り石けん記録]

透明石けん

予習で、透明石けんを作りました。
ただ固めるのもアレだったので、ちょっと型入れに時間をかけてステンドグラス調にしてみました。

パールのマイカを入れてキラッと濁らせる作戦も決行してみたのですが・・・ キラキラはよーく見ないとわかりませんね。

透明石けん

王道透明石けん講座のレシピのオイルがほとんど自宅になく! 似たオイルを組み合わせて代用したせいか、部屋の温度が35℃近くあったせいか、固まりにくく、タネを保温したまま途中7時間のお出かけを挟んでも問題なし。型入れには時間がかかりましたが、焦らなくてよいという意味では楽な作業でした。

透明石けん

やっぱりキラキラするものはよいですねー
在庫できちゃうと大変なんですが、もう一回くらい作ってもいいかな。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

今年の桜祭り その1 (せっけん&フィトピグメント) [■手作り石けん記録]

桜のせっけん 枝

家の前公園の八重桜もすっかり葉桜になりました。
今年の春は桜三昧でした。まずはフィトピグメント&せっけん部から。

桜のフィトピグメントとせっけん、桜は相変わらず拾ったもので抽出しています

初めの写真は枝からのフィトピグメントを使った桜染のせっけん。
フレッシュの枝はいただけないので、寒い時期に落ちていた小枝を集めたものです。
濃い色付けができませんでしたが、青みのあるピンクに近づいていると思いませんか??。 思いますよね??? (無理強い)

来季はお金出してフレッシュに挑戦したいところです。

桜のフィトピグメントのせっけん 枝

少しだけ手に入った剪定枝や、抽出方法、助剤を変えた色実験とか。
入れすぎると茶色くなるものもあります。

桜のフィトピグメントいろいろ

桜染せっけん

これは以前にもご紹介した葉からのフィトピグメント。
量をたくさん使えるせいもあって綺麗に色が出せています。

桜

桜祭りその2はお花編。香りを満喫する部です。
つづくー

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

桜と紅茶のせっけん [■手作り石けん記録]

さくら・ティーのせっけん

茶色とピンクのしましまのせっけん♪

横浜の交流会のお題せっけん(茶色を活かしたせっけん)です。

ダージリンティーの茶色、桜のピンク。
どちらもフィトピグメントを使っています。

ダージリンファーストフラッシュは葉も取れたフィトピグメントも茶色と緑の間くらいで、お題を達成できるかちょっと不安になりましたが、無事(というか残念ながらというか)、茶色になっちゃいました。

そして、桜。

桜の葉のフィトピグメント、かわいらしいピンクのせっけんになりました! ぱちぱちぱち

大人エレガントな青みのあるピンクとはいきませんでしたがまずは十分でしょ。
手法や素材を変えて作った桜フィトピグメント、まだたくさんあるので、これから色実験です。

桜と紅茶のせっけん

交流会のラッピングも紹介!
20160319横浜お題ラッピング

もう書ききれないほど濃密だったので、交流会レポはパス!
今回も盛況に開催されました。以上です(笑)

ということで、さくらシリーズはまだまだ続く予定です。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

ハードなせっけん [■手作り石けん記録]

しっかり泡のせっけん

前の記事で偽トレースが出たと書いた、ハードな脂だけのレシピのせっけんは、科学と化学講座でお見せするための見本でした。
ただ適当に牛脂80 ココナッツ20 としたわけではなく、この配合は昔からせっけんメーカーさんの黄金のレシピと言われているものなので、CPででも作って試してみたいなという意図がありました。

保温以降は特に問題なく綺麗なせっけんに仕上がっています。
(片方の縁が白くなっているのは、脂以外の成分の比率を変えての見本である意味起こるべくして起こっている現象です)
脂のせっけん

この8:2レシピ、今でもシンプルな固形せっけんの基本の配合だそうです。※消費者が植物性を求めるようになったので牛脂でなくパームが使われるようになっています。

ねっちりしっかりのきめ細かい泡がたくさん出て、しかも長持ち、洗浄力もバッチリ!
泡の様子は初めの写真の通りです。

泡は一時間たってもあまり減っていません。
もっちもち。
なんか水出てるのはご容赦を。。。
長持ち泡

実際に使ってみると、泡は大変気持ちよいのですが、不飽和脂肪酸過多の泡持ちも洗浄力のよわよわなせっけんに慣れてしまった手にはちょっと洗浄力が強くて、脂を取られすぎてよく言えばさらさらでした。
手作りせっけん界では暴言に属しちゃうかもしれないので小声にしておきますが、私個人の感想で、バター類(脂)たっぷりのせっけんが冬向きでしっとりだと感じたことは一度もありません。さっぱり洗われたい夏の方が。。。 向いてるんじゃないかなぁ。

好き嫌いはさておき、オレイン酸メインのものとはまったく次元が違うせっけんなので、一度作って比べてみるのも面白いかと思います。作る時の温度は高めにね。


ところで、1時間後まで写真を撮った後二日くらい放置しておいたら、↓こんなことになってました。
しっかりしすぎ!
image.jpeg

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

コッコ&ブー おかずなせっけん [■手作り石けん記録]

コッコ&ブーせっけん

どちらもお料理中に採取した鶏の油とラードをたっぷり配合したせっけん、解禁です。

久しぶりにレシピ書いちゃう。変なレシピの家用せっけん作るのが久しぶりだから。。。

■□■ コッコ&ブー おかずなせっけん お風呂用 ■□■

鶏油 45%、ラード 23%、ココナッツ油 15%、オリーブ油 17%
鹸化率 95%、水分28%
EO) ローズマリー、シトロネラ、ペパーミント
ハーブ) ローズマリー、レモンバーベナ

■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■

ローズマリーとレモンバーベナのパウダー部分はもっと茶色くなっちゃうだろうと予想していましたが、しっかり緑で残ってうれしい。(写真は結構茶色目ですが・・・)
ただ、もっと白い部分があるシマシマだったはずなのに、乾燥中に緑が滲んだみたいです。

鶏油はハード脂ですが、ラードよりだいぶ柔らかい感じ。しっかり固めるには冷蔵庫に入れないといけません。
重量調整のオリーブ油を除けば全部ハードな脂だし、鹸化率も高めなので、がしっと硬くて重いせっけんになりました。
しっかりした泡立ちで泡の量は少なめですが、シャンプーに使っても大丈夫でした。

香りは今のところシトロネラが一人勝ちでちょっとわたし的にはキツイです。マイルドになるのを待ちたいところです。


最近は、自分用にはすっかり硬めのせっけんが好きになってます。
洗い心地というよりは、型からつるんと出てくるところや、せっけんとしてシャキッとしているところが気持ちいい!
オイルは柔らかめでも鹸化率高くするのは石みたいな硬さ、鹸化率は並でもハード多いレシピはねちっと密度が高い感じで、どちらもよいです。

ハード多いと洗った後つっぱるんじゃないの? と思われるかもしれませんが、わたしはお風呂で使う時にはそれほど気になりません。また、シャンプーの後のリン酢は最後薄めて全身にかかるくらいの感じで使っているので、体に残ったせっけんカスも緩んでしっとり、クリームいらずです。

鶏油とラードのコッコプーせっけん

鶏の脂の取り出し方はこちら。お安いので、鶏皮好きな人は是非。
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2015-12-28

ラードは、塩豚を茹でて冷ました時に鍋の上部で固まったものです。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

前の10件 | - ■手作り石けん記録 ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます