So-net無料ブログ作成
検索選択
■手作り石けん記録 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ハードなせっけん [■手作り石けん記録]

しっかり泡のせっけん

前の記事で偽トレースが出たと書いた、ハードな脂だけのレシピのせっけんは、科学と化学講座でお見せするための見本でした。
ただ適当に牛脂80 ココナッツ20 としたわけではなく、この配合は昔からせっけんメーカーさんの黄金のレシピと言われているものなので、CPででも作って試してみたいなという意図がありました。

保温以降は特に問題なく綺麗なせっけんに仕上がっています。
(片方の縁が白くなっているのは、脂以外の成分の比率を変えての見本である意味起こるべくして起こっている現象です)
脂のせっけん

この8:2レシピ、今でもシンプルな固形せっけんの基本の配合だそうです。※消費者が植物性を求めるようになったので牛脂でなくパームが使われるようになっています。

ねっちりしっかりのきめ細かい泡がたくさん出て、しかも長持ち、洗浄力もバッチリ!
泡の様子は初めの写真の通りです。

泡は一時間たってもあまり減っていません。
もっちもち。
なんか水出てるのはご容赦を。。。
長持ち泡

実際に使ってみると、泡は大変気持ちよいのですが、不飽和脂肪酸過多の泡持ちも洗浄力のよわよわなせっけんに慣れてしまった手にはちょっと洗浄力が強くて、脂を取られすぎてよく言えばさらさらでした。
手作りせっけん界では暴言に属しちゃうかもしれないので小声にしておきますが、私個人の感想で、バター類(脂)たっぷりのせっけんが冬向きでしっとりだと感じたことは一度もありません。さっぱり洗われたい夏の方が。。。 向いてるんじゃないかなぁ。

好き嫌いはさておき、オレイン酸メインのものとはまったく次元が違うせっけんなので、一度作って比べてみるのも面白いかと思います。作る時の温度は高めにね。


ところで、1時間後まで写真を撮った後二日くらい放置しておいたら、↓こんなことになってました。
しっかりしすぎ!
image.jpeg

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

コッコ&ブー おかずなせっけん [■手作り石けん記録]

コッコ&ブーせっけん

どちらもお料理中に採取した鶏の油とラードをたっぷり配合したせっけん、解禁です。

久しぶりにレシピ書いちゃう。変なレシピの家用せっけん作るのが久しぶりだから。。。

■□■ コッコ&ブー おかずなせっけん お風呂用 ■□■

鶏油 45%、ラード 23%、ココナッツ油 15%、オリーブ油 17%
鹸化率 95%、水分28%
EO) ローズマリー、シトロネラ、ペパーミント
ハーブ) ローズマリー、レモンバーベナ

■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■

ローズマリーとレモンバーベナのパウダー部分はもっと茶色くなっちゃうだろうと予想していましたが、しっかり緑で残ってうれしい。(写真は結構茶色目ですが・・・)
ただ、もっと白い部分があるシマシマだったはずなのに、乾燥中に緑が滲んだみたいです。

鶏油はハード脂ですが、ラードよりだいぶ柔らかい感じ。しっかり固めるには冷蔵庫に入れないといけません。
重量調整のオリーブ油を除けば全部ハードな脂だし、鹸化率も高めなので、がしっと硬くて重いせっけんになりました。
しっかりした泡立ちで泡の量は少なめですが、シャンプーに使っても大丈夫でした。

香りは今のところシトロネラが一人勝ちでちょっとわたし的にはキツイです。マイルドになるのを待ちたいところです。


最近は、自分用にはすっかり硬めのせっけんが好きになってます。
洗い心地というよりは、型からつるんと出てくるところや、せっけんとしてシャキッとしているところが気持ちいい!
オイルは柔らかめでも鹸化率高くするのは石みたいな硬さ、鹸化率は並でもハード多いレシピはねちっと密度が高い感じで、どちらもよいです。

ハード多いと洗った後つっぱるんじゃないの? と思われるかもしれませんが、わたしはお風呂で使う時にはそれほど気になりません。また、シャンプーの後のリン酢は最後薄めて全身にかかるくらいの感じで使っているので、体に残ったせっけんカスも緩んでしっとり、クリームいらずです。

鶏油とラードのコッコプーせっけん

鶏の脂の取り出し方はこちら。お安いので、鶏皮好きな人は是非。
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2015-12-28

ラードは、塩豚を茹でて冷ました時に鍋の上部で固まったものです。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

クマシャン2015.12 フィトピグメント [■手作り石けん記録]

クマシャン2015

家族のせっけん、クマシャン。久しぶりーー
もうなくなりそうだったのよん

クマシャンとは、ココナッツオイル、メンソールたっぷりの、冬でもぶくぶくスースーシャンプーせっけんです。なくなっちゃうと困る困る。

今回はフィトピグメントで派手めに模様付け、というか色見本兼です。
定番の紫根、茜、蓼藍、レモンイエローの刈安、と、これらのブレンドです。
トップが白くならずに色が出てよかった。
フィトピグメントせっけん


せっけん作りが楽しいから外向けの活動を始めたけれど、どんどん自分用のを作る暇が取れなくなってしまうのはなんだか本末転倒ですよね。
この2年くらいの大きなジレンマ。来年の課題かもしれません。
来年?! もうすぐですよ!汗
まず掃除? いやちゃんと衣替え?
もう家庭人としてもダメダメです 汗汗

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

冬の元気なご挨拶 はジェルソープで [■手作り石けん記録]

ジェルソープ

カラフルなものづくり、続いています。

この冬のちょっとしたお使い物人気ナンバーワンはジェルソープ (ボトル大)
がっつり手土産でもないご挨拶や差し入れ、忘年会のビンゴゲームの景品などにガンガン供出しています。

週末ごとに量産態勢で、4リットル分くらいは固めましたよ〜〜
あとは年始のご挨拶用で5〜6本でいいかな?

ジェルソープ

丸いのは講座用のボトルだったんだけどな。買い出しに行かないと。


ジェルソープ作りを体験いただける講座、次回は2月の開催が決まりました。

■きらきら、カラフルなアロマジェルソープを作ろう
NHK文化センター 練馬光が丘教室
2/13(土) 13:30〜15:30

上記写真のころんと丸いボトルと、携帯用の小さいジェルポンプ容器の2本を作ります。
お子様も大歓迎です。
お子様とご参加いただける親子料金があるとのこと、詳しくは教室にお問い合わせください。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1093377.html

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

モ〜 & メェ〜 クリアソープ [■手作り石けん記録]

透明せっけん

Moo & Bleat Clear SOAP
モ〜&メェ〜 クリアソープ
牛脂とゴートミルクの透明せっけんです(安易なネーミング)

ソーパー会のお題せっけんです。
テーマは「哺乳類」なので、材料に動物を使って透明せっけんを作りました。

牛脂はベースのオイルとして。
ゴートミルクは型入れの前に、少量のお湯で溶いた物を混ぜ合わせています。2色のせっけんのどちらとも、半分が曇っているのがお分かりになると思いますが、そちら側にだけミルク入りです。
イメージではミルク投入によってもっとがっつり白く濁って自然につながったツートンカラーになって欲しかったのですが、少し曇った程度で透かして見ないとわからず(黄色い方)。再チャレンジの赤い方ではあえて白くするためにミルク プラス カオリンやマイカを入れたら白い粉は全部きれいに沈んでしまいました。透明せっけんのタネはサラサラだからね。。。

ということで、フロストにできなかった透明せっけん 2つ でした。
赤い方

■□■ 材料メモ

牛脂、ココナッツ油、ひまし油、太白ゴマ油、エタノール、グラニュー糖、グリセリン、精製水、NaOH
ゴートミルクパウダー、アカネチンキ、Labcolor、ホワイトカオリン、パールマイカ


お題せっけんは、同じく牛脂とゴートミルクのリキッドソープと合わせて3個セットです。
お題せっけん

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

銀色石鹸 再び [■手作り石けん記録]

茶色いけど銀色石鹸

さかのぼること5年前。。。
ナトカリせっけんにハマっていた頃、古書に出てくる「銀色石鹸」を再現してみたいと思っていました。

銀色石鹸とは、軟石鹸(カリ石鹸)に結晶性の高いソーダ石鹸を少量配合することで「全塊に波紋絹状の光沢を発生せしめるもの」です。

要はナトカリ石鹸はシルキーな光沢が出るということですよね。

5年前はアルコールを入れて作ってしまったがためにナトカリリキッドの素はふにゃふにゃ、希釈してもサラサラで光沢どころではない感じでした。
今回、別の目的でハードな脂を高配合したリキッドを作ることにしたので、再度「波紋絹状の光沢」も目指してみることにしたのでした。

上の写真、どうですか?
ベースが濃茶なのは置いといて、光沢ありますよね?!
結晶性の高いソーダ石鹸、さらに結晶化しやすい高融点の脂肪酸の形でそれなりの量配合すること、希釈時は適度にとろみを残すこと(サラサラだと結晶が沈んでしまう)、が光沢のポイントですね。

ただ。。。
改めて銀色石鹸の説明を読み返すと「全塊に波紋絹状の光沢・・・」と書いてあるじゃないですか。
希釈する前の話だったとは?!
今回全量を一気に希釈しちゃったのでリキッドの素残ってません涙。。。
またやり直さなくてはです。

とろとろリキッド

できたてでまだ温かいうちは高融点のソーダ石鹸も溶けているので光沢ありません。
かなり濃い希釈なのでとろみが強くて気泡が抜けなかったため、気泡部分は別に取り分けてます。放っておけばだんだん抜けて液部分が増えてくるはずです。

今回のオイルの配合

ココナッツ油 20%
ハイオレひまわり油 30%
精製牛脂 50%

本当は市販石鹸のゴールデンレシピであるココ20%+牛脂80%にしてみたかったのですが、ほんの少し勇気が足りず、ひまわり油を入れてしまいました。

この配合で、とにかく感動したのはその泡です。
濃密な泡がぶくぶくもちもちです。泡をしっかりさせるにはある程度高融点の脂肪酸を配合するのは鉄則ですが、見事にその効果を感じることができます。リキッドなので、さらにアロエ汁やがごめ昆布エキスを加えたら何かの宣材写真みたいなのができるの間違いなしです。

冬になると固くなって使いにくいかもしれませんが、またリピートしそうです。


5年前のチャレンジはこちら。銀色石鹸への道
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2010-06-27

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

ぷるフェイク [■手作り石けん記録]

マンゴープリン風

ぷるぷるせっけんファンのみなさま、こんにちは。

日々眠くて何もかも滞っております。
くたびれているのでしょうか。簡単更新で失礼します。

なんとなく、ぷるぷるせっけんは透明がいいと思っていたワタクシですが、不透明もなかなか良いです。
上の写真はカモミールのフィトピグメント × ぷるぷる
マンゴープリン風

下の写真はローズクレイ × ぷるぷる
レバ刺し風
お店ではご提供いただけなくなったそうですね。普段頼まないから知らないけど。

レバ刺しぷるぷる

あ、箸でつまんでる写真を撮り忘れた。。。



ぷるぷるの中に何か具を入れたいときに、水溶性の着色料を使っていると色がにじんで具の形がなくなってしまいます。そういうときはあえて顔料系を使うと良いですよ。不透明になるけど、モノははっきり見えます。

ぷるぷる具

黄色は固まりの方がプリンっぽいですね。

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

ぷるぷるせっけんムービー [■手作り石けん記録]

ぷるぷるせっけん

GWの工作Dayはまたまた動画も撮影しました。
うっかりカメラ殴っちゃうから置き場所とかもっと考えないと。。

今度は「ぷるぷるせっけん」です。ぷるぷる感、伝わってますか?
作夏の体験で作っていただいた方法から少し進化して、巨大ぷるぷるからたくさん作る方法で撮影してみました。(基本は同じです)
すでに体験されたみなさまも、ぜひご参考ください
なお、ムービー中では撮影しやすいので湯せんで加熱しておりますが、吹きこぼれに注意して電子レンジを使う手もあります。細かい注意点などはお問い合わせください。




■□■ ジェルソープを作る講座はこちら■□■

講師講習会は5/10(日)に下落合 AREA8カフェにて(午前 満席、午後 残席 1)
前日(9日)まで募集しています。
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2015-03-28

仙台講座ではフィトピグメントの合間に体験を予定しています。6/27(土) (残席あり)
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2015-03-25

その他の日程は未定です。ぜひアンデリーズさんにリクエストください。


手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

メイソンジャーソープ と ジェルソープのムービー [■手作り石けん記録]

メイソンジャーソープ

PLAZAでメイソンジャー用のポンプのアタッチメントを見つけたので、ジェルソープを入れてみました。
う〜ん、アメリカ〜ン

作った量が少なくて上部に空間が空いちゃったのがちょっと残念。

アタッチメント

ポンプの他に、ストロー用の穴(よくある)、切花を支えられそうな金網や、芳香ジェルにぴったりなデイジーみたいな穴空きパーツなんかもありました。(でも私、普通の蓋持ってないのです)
今メイソンジャーは人気なので瓶もパーツも翌日にはほぼ売り切れてしまってました。絶妙なタイミングの巡り会いだったみたいです。
専用のを購入しなくても、蓋に穴を開けてポンプヘッドをつけるDIYはネットでたくさん紹介されているので、気になる方は検索してみてください。

そして勢い余って作成過程のムービーを作ってみました。
よろしければご覧ください。& シェア歓迎です。



初めてちゃんと動画撮影してiPadアプリで編集しました。
4分ちょっと。少し長くてたるいのはご容赦ください。
混ぜてるところを2倍速にしてみたらますますアメリカ〜ンです。

何Gあるのか知りませんが、You Tubeのアップロードに7時間もかかりました。
我が家が未だにADSL回線の上、隣で別のPCが絶賛システムアップデート中という悪条件ではありましたが、なかなか気軽ではありませんねー


■□■ ジェルソープを作る講座はこちら■□■

講師講習会は5/10(日)に下落合 AREA8カフェにて(午前 満席、午後 残席わずか)
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2015-03-28

リキッドソープと合わせてお楽しみいただける講座は6/28(日) 仙台にて(残席あり)
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2015-03-25

その他の日程は未定です。ぜひアンデリーズさんにリクエストください。

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

しおゆずれもん(ハーフソルトバー)と横浜ソーパー会2015.3.29 [■手作り石けん記録]

しおゆずれもん

先の日曜日は恒例の横浜のソーパー会でした。
せっけんの会はひさびさですが、昨年末に焼き物の会があったのでそんなに間が空いてる感じはしてません。

皆さんのラッピングを剥いてご紹介するには日にちがかかりそうなので細かいことはionさんのブログにお任せするとして、当日の集合写真など。
せっけん山盛り
みなさんのせっけん

二次会からの方の分は入ってませんが、今回もせっけん山盛り!!
せっけんのお題は「野菜・果物」でした。意外と見た目系は少なく、いろんな抽出物や「そのもの」が入ってます。香りがまんま残っているものとかあって、面白い〜

私のお題せっけんは「しおゆずれもん」
でっかいハーフソルトバー(塩とオイルが同量の塩山盛りせっけん)です。

6cm角くらいのキューブモールドで作っているので巨大! さらにハーフソルトバーは密度が高いのでズッシリ重量級です。
レモンとしてはメイヤーレモンの蜂蜜漬け、トッピングのピール、FO。ゆずFO入り。
クチナシのフィトピグメントで黄色をつけていますが、ハーフソルトバーはそれ自体が白くなることと、時間がたったり蜂蜜焼けしたりしている関係で、どこに着色したのか謎。。。(忘れちゃった)
おそらく全体をほんのり黄色に、下1/3の層に蜂蜜レモンを入れているのじゃないかな。
傷と粘膜に気をつけて、使ってください!

キューブのモールドは大きいせっけん好きにはたまらなく可愛いサイズなのですが、きっちり全部型入れしてしまうと出しにくいのが難点。どこか1箇所でも入れずに空けておくのがコツかと思います。
ハーフソルトバー型入れ時
くっついてるよ

焼き物鑑賞会も開催されましたが時間切れ。
また後ほど!

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

前の10件 | 次の10件 ■手作り石けん記録 ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます