So-net無料ブログ作成
▼手作り石鹸のツボ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

石けん炊いてみました、その一。 SHP [▼手作り石鹸のツボ]



石鹸炊いてみました。

釜炊き石鹸なんて言葉があるとおり、加熱しながら鹸化するプロセスを日本語では「炊く」と表現します。英語だとcookです。(実は石鹸だけでなく化学プロセス業界全般で炊くとか煮るとか言うんです。)

ということで石鹸の炊き方(ホットプロセス)のアイデアを2回に分けて紹介します。

・作った石鹸の紹介はこちら→「ホットプロセスの石けん、2種」
・石鹸炊いてみた 二つ目の記事 →「石鹸炊いてみました、そのニ。CPSP」


ホットプロセスは加熱して鹸化を進めるため、熟成期間が不要ですぐ使い始められるメリットがあります。
見た目に凝らない家事用石鹸、透明石鹸、アルコールを使わずにリキッドソープの素を作るとき、リバッチなどには便利な方法です。
(もちろん頑張ればそこそこ見た目の良いものを作ることもできます)
また、鹸化が終わってからオプションを加えるため、エッセンシャルオイルやオプション材料を強アルカリと触れさせないで済むのも特徴です。(多少の熱はかかりますが)


海外では直火でグツグツ炊くクラシックなホットプロセスの他に、比較的低温で行うにはクロックポットを使うホットプロセス(CPHP)、コンベクションオーブンを使うホットプロセス(OHP)、コールドプロセスで型入れした後コンベクションオーブンを使うCPOPなど、いろいろな方法が提案されています。
根強い人気があり、かならずHPという人も少なくないようです。


比較的低温でマイルドに行うホットプロセスに必要な温度はおよそ70℃前後です。温度を上げすぎると途中で分離しやすくなります。

日本ではクロックポット(釜が大きめの陶製の、電気鍋)は一般的ではないし、70-80℃程度の低温に設定できるオーブンはかなり上位機種になるようです。なのでホットプロセスといえばIHヒーターも含む直火か湯煎が定番ではないでしょうか。もちろんそれでまったく問題はないのですが、一部のIH機器を除いては温度管理に非常に手間がかかります。温度が気になって目が離せません。そう思うと、海外で提案されている道具はすべて温度管理を楽にすることに寄与しているようです。


でもでも、日本にもあるじゃないですか! 70度くらいを維持してくれる熱源。


電気炊飯器(電気炊飯ジャー)



そう、日本人的ニュアンスで「石鹸を炊いちゃう」ホットプロセスにトライしてみたのでした。

続きを読む


Na石鹸をリキッドで使うツボ [▼手作り石鹸のツボ]




先日 横浜のリキッドの会で少しお話した、リキッドにして使うナトリウム石けんのポイントについて再整理しておきます。

オイルの選び方と鹸化率だけ気をつければ、特別な作り方はありません。
ハードル低いのでお試しください。


続きを読む


粉吹き石鹸対策 [▼手作り石鹸のツボ]



ああっ、乾燥中の石鹸にうっすら粉が〜


そういえば以前、米国の掲示板で ソーダアッシュなんて××すればいいのよ! ってネタを拾ったのを思い出し。。。


アイロン

やってみることにしました。


使う道具はスチームアイロン!

スチームをあてればよい、というのがその方法です。
ネタ元の掲示板でも全く関係ない話題の途中でさらっと流れて誰も突っ込まなかったので、情報はこれだけ。ツッコミ入らないってことは当たり前の方法なのか。。。?

スチームアイロンを石鹸の1cmくらい上に近づけて、もよもよ〜っと、時にはショットボタンでシュバっとスチームをかけてみました。時間としては30秒〜1分くらいかな。
時々水滴が落ちて濡れてしまうので、仕上げにティッシュペーパーで押さえて水分を吸い取って終了です。

その結果



まあまあいい線いってるんじゃないでしょうか。
(奥のは未処理です)

もっとひどいこちらの場合
スチーム前

スチーム後
スチーム後

厚みのあるミミのところは無理でしたが、表面の粉は取れてますね。



今まで薄い粉の時にやっていた消毒用エタノールをスプレーして拭き取る方法に比べて効果的かというとちょっと微妙ではありますが、こういう方法もあるよと覚えておいても損はないかと思います。



HandmadeSoapくままFBページ HandmadeSoapくまま でも石鹸近況など石鹸近況など書いてます。
クリック応援よろしくお願いします。人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。


スワール模様 [▼手作り石鹸のツボ]



先日キャンペーン生産していたスワール模様(渦巻模様/くっきりマーブル模様)、途中経過の写真などを載せていなかったので、ちょこっと紹介です。

結果を出すことに集中していて全然写せなかったのでHow To と言えるほどのボリュームではないことはご容赦ください。


続きを読む


ナマセッケンプロジェクト ソノニ ブレンド実験編 [▼手作り石鹸のツボ]

ナマセッケン試作品

前回作ったベースのナトカリ石鹸を、水分や保湿剤と混ぜて形にしてみる実験です。

モデルにしているル●ンル●ンの全成分表示を参考に、水分と糖分を配合したシロップ、石鹸、粉類を混ぜます。
机上で並び順から想像した比率で果たしてちょうどよい質感になるかどうか分からないので、キメウチの組成(1)の他に、石鹸と液体の比率を少し変えたもの(2)、手に入りにくい素材を省いて台所にあるものに置き換えたもの(3)、石鹸を市販の石鹸素地にしたもの(4) 、の4種類を試しました。


続きを読む(長文です)


固形石鹸を溶かして使う [▼手作り石鹸のツボ]

前の記事で少し書いた、CPで作った固形せっけんを液状にして使う方法について、ご要望があったので紹介します。

■□■ 固形石鹸を液状にして使う (夏向き)■□■

■材料

▽ 削った手作り石けん
▽ 砂糖 : 石けんの重量の10 ~ 15%
▽ グリセリン : 石けんの重量の10 ~ 15% (砂糖とグリセリン合わせて20~30%程度)
▽ 水 : 石けんの重量の2倍

削った石けん。 私は野菜用のスライサーでささっと。



■手順

1)上記の材料すべてを合わせ、温めて溶かして完成!


■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■


・・・ なのですが、
これだけでは少し寂しいので比較的早く簡単に溶かす方法をひとつ紹介します。

続きを読む


フェルトソープの作り方(ざっくり) [▼手作り石鹸のツボ]

フェルトソープを作ろう


フェルトソープ(フェルト石けん)の作り方を紹介します。


■材料と道具

・固形石けん :もちろん手作りでなくてもよい
・羊毛 (原毛) :適量。手のひらサイズの石けんなら10gあれば余ります。
・お湯 : 熱めのお風呂くらいの手で触れる温度
・タオル

[なくてもよいもの]
・石けん水 : 液体のキッチンソープ、シャンプーなど
・洗濯板、巻き簾、エアパッキン(プチプチ)など



続きを読む


実験&計算シート [▼手作り石鹸のツボ]

お天気の悪かった連休前半。
でも平日出歩いていたツケでお洗濯を4バッチ回しました。(まだ残ってるけど)
粉石けんでのお洗濯はしっかりすすげていれば部屋干しでも臭いません。

そんな合間に石けんの実験も。



オイル組成を変えてのジェルソープの作り分けで、4個一度に湯煎中です。
写真手前の2個はエタノールを入れての鹸化終了、左上のはただいま泡立ち中、右上のはまだエタノールが入っていません。

温度計が洗濯バサミで鍋に留めてあるあたりとかしょぼくてすいません。
IHで保温~最弱の加熱をしながらお湯の方を温度管理していたのですが、70℃を下回るとエタノールを入れても泡立たない感じです。

とろみの付き方など比較してみたいと思っています。


更に自作アルカリ計算excelのナトカリ版を作成しました。

アルカリ計算.jpg

青いセルに入力するとピンクの結果が出てきます。
上の実験用にはKOH用とNaOH用のソートをそれぞれ使って手で足し算したのですが、さすがに面倒になっちゃいました。
これで自由自在です~


クリック応援よろしくお願いします。人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。


★お知らせ★
恒例の横浜・湘南地区ソーパー交流会、次回の日程が決まりました。
3月13日(日)12時から、横浜市内の市民センターにて。

お題石鹸を交換したり、石けんの話をしたりするゆるい会です。
参加者募集しておりますのでご興味のある方はionさんのブログのご案内記事をご訪問ください。→★こちら


重要記事の目次 [▼手作り石鹸のツボ]



このブログ「くまぐま☆なちゅ」から、化学、実験、作り方など、手作り石けんに少し役に立つんじゃないかなという記事へのリンクをまとめてみました。

新しいコラムを書いたら追記していきます。
この記事も、というリクエストがあればコメントください。


人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願いします


記事へのリンクはリスト内の「◆」をクリックしてください。
重要な記事、人気のある記事は「◆◆」 二つです!


続きを読む


温度あがらず・・・(冬の保温) [▼手作り石鹸のツボ]

オートミール石けんの角

先週仕込んだオートミール石けん、いかにも保温不足~な仕上がりになってます。
写真では伝わりにくいかもしれません。

・一見マットでしっとり。
・水分はたくさんあるものの保持できていない感じ。
・高野豆腐みたいに押すと水が出てきそう。
・粘りがなくて弱い。粉を水で固めたような。。。
・カットすると角がもそっと崩れそう。

ジェル化するとかしないとかいう比較の土俵にもあげられないような結晶の脆さです。
毛布をつめて保温箱にしていた手ごろなサイズのダンボールを昨春の引越しの際に処分してしまい、その後代わりが見つからなかったために今も夏と変わらぬタオル+ゆるゆるのフリースケット巻き・・・では不足なのでしょう。

この石けんの温度変化はこんな感じ
冬 石けん温度変化

特に寒い週だったのでエアコンの入っていない室内は10℃前後になっていたかと思われます。
(今回は室温でなく、型の外側(タオルと毛布の間)の温度を計っていました。全く保温できていませんね。)
温度低下が緩やかになっている15~20時間後あたりでおそらく反応が盛んに起こって熱を発していたと考えられます。(オリーブメインのためピークの発現が遅い傾向)


夏場の石けんと比較してみましょう。
夏冬比較

メインのオイルの性質が全く違うのであまりいい例ではないですが、本来ココナッツ石けんのように温度がぐっと上がってほしい、ここまで上がらなくてもせめて反応がピークを迎えているときには25~30℃くらいを保っていて欲しいものです。


保温箱、本気で考え直しです。



前の10件 | 次の10件 ▼手作り石鹸のツボ ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます