So-net無料ブログ作成
■手作り石けんな日々 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ぎうぎう休載中 [■手作り石けんな日々]

ジェルソープ見本

ぼやっとしているうちにすっかり秋になりましたね!

本業が繁忙期 & 体調不良によりブログに手が回っておりません。
今しばらく休憩させてください。
体調の方はほぼ復活しておりますのでご心配なく。

週末はアンデリーズでジェルソープとフィトピグメントのシークレットフェザースワール講座です。
写真の派手派手ジェルも見本にお持ちしますので笑ってくださいね。

連休最後の3日は元気だったら神田の古本市に行きたいな。

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

塩せっけんでシャンプー [■手作り石けんな日々]

ハーフソルトバー

ゆりくまレシピのハーフソルトバー、尋常じゃない量の塩が入ったずっしり重いせっけんです。
このせっけんの面白さは写真や文章ではなかなか伝わらないのですが、実は講座等で作った方から「また家で作った」「家族に大好評」といった報告を一番いただく、リピート率の高いせっけんなのです。
入手しにくい材料や難しい手順がなくて作りやすいうえ、他にはない特徴的な使用感が人気の秘密ではないかなと思います。

もちろん我が家の浴室にも欠かさず1個置いてあります。
目に入るとめちゃめちゃシミルので洗顔には使わず、基本ボディ用です。

が先日、ハーフソルトバーファンのIさんから、シャンプーに良いという驚きの報告をいただきました!

試しにハーフソルトバーでシャンプーしたところ、すすぎ時にスルスルの手触りでリンス不要! ヘナ染めをしているので酸性リンスを使いたくないIさんには最適、とのことなのです。

塩にはタンパク質を引き締める作用があるため市販のシャンプーやリンスにも配合されていると聞いたことはあります。
私は過去に1〜2回試してハーフソルトバーの使用感の最大の特徴である「海水浴後」感は髪に最もよく現れると感じてそれきりになっていました。しかし。。。 そう勧められたからにはもう一度やってみないわけにはいきません。

ゴシゴシゴシ...

...確かに! 確かにすすぎ時にゴワゴワが少なく、指通りがいいです。リン酢しなくてもいいというのはその通りです。髪の一本一本が引き締まって絡まりが少なくなっているのでしょうか。

でもでも、乾燥後はやはり「海水浴後」感が気になります。重くて嵩が増えたような感じ。手触りも少し滑りが悪いです。

私の髪質は硬い太い多いで、重くて増える感じはNGなのですよね。どのくらい硬いかというと指に髪の毛刺さったことが何度もある。。。 という話が通じたのは今までに一人か二人。
Iさんは逆に細くてやわらかい髪質で、塩せっけんシャンプーで髪がしっかりしたように感じるとのこと。
石けんの使用感は肌よりも髪の方が個人差が出やすい、良い例だったと思います。

もちろん塩石けんがシャンプーNGという話ではありません。合う方は積極的に使っていただいたら良いと思います。
私の場合その後何回か試して、ハーフソルトバー単独ではなく、ハーフソルトバーをあわ立てた後、いつものクマシャン(アワアワ石けん)でブーストして使うといい感じでした。クオーターソルトバー作ったらいいかも?
でもシャンプーの後リン酢の流れを体が覚えていて無意識にリン酢を薄めてしまうので、洗いっぱなし率は少ないんですけど。

そうそう、Iさんとこの話をしているときに、ハーフソルトバーで歯を磨いてみたというツワモノが居合わせたことも、忘れないようにメモしておきます。


ーーーーーーーーーーー
10、11月の講座ご案内はこちらへ
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2014-09-27

10月18日(土)13:30〜16:00 NHK文化センターさいたまアリーナ教室
ハーブを楽しむ手作り石けん 〜カレンデュラとはちみつのせっけん〜
(残席わずか)

11月1日(土)、2日(日) アンデリーズ(新宿区下落合)、時間割は両日同じ
10:30~12:30
  「アルコールフリーのリキッドソープとキラキラジェルソープのアレンジ」
14:30~16:30
  「フィトピグメントアレンジ~シークレットフェザーソープ~」

ジェルソープは両日とも満席、キャンセル待ち受付中、シークレットフェザーは残席わずかとなっております

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

Midnight Soaping [■手作り石けんな日々]

深夜に石鹸

意外と空き時間がなく、というかまとまった時間にどんどん予定を入れてしまうため、深夜にお遊び石けんを作っています。
次回の横浜の会のお題がマーブル(またはスワール)なのですが、イメージしているものを一発で作る自信がなく、方法を考えつつ練習をしないとです。

夜中だといつトレースが出るかわからないのは困るし、かといってトレースの速すぎるレシピはスワール向きじゃないのも考えどころ。
先日の化学講座で紹介したけん化促進薬はほんの少しの添加でスタートダッシュが早まるものの、途中は急激に進まないのでおすすめですよ。

ブレンダーもよいのですが、いい加減に使うと粗さが目立つできあがりになることがあります。
そんな1つがこちら

ムラムラ

ベースの白いタネに、不透明な白いムラが出ています。
ブレンダーを使った後、タネが全体によく混ざっていなかったのではないかと考えています。
色を付けたタネは同じタネから取り分けているのですが、色材とよく混ぜ合わせているため滑らかでした。でもベースのタネは型入れのときに少しザラザラした感じがあることに気がついて、それが比較的上の方に浮いたようになっていたのです。そして案の定、型入れ後もそのザラザラが上部でムラになって残ってしまったような感じです。

型入れ直後。写真ではわからないですね
型入れのとき

もっと丁寧に、と反省したバッチでした。

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

いろいろ準備中です [■手作り石けんな日々]

準備中

ただ今いろいろ準備中。
いっぱいいっぱいのため、しばしお時間ください(>_<)


化学式作画ツールが使いこなせなくて、これだけで半日かかっちゃう不器用な私です。。。


今日の実験
今日の実験

なんかメロンみたいな匂いのものできた。

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

レンダリング [■手作り石けんな日々]

鶏皮

焼鳥は皮と砂肝が大好き! ゆりくまです。

動物の脂身を加熱して油脂を取り出すことをレンダリングという、なんてお話を先日の講座でもしましたが、実はワタクシ、家で時々やってます。レンダリング。

フライパンに油を引かずに鶏皮をカリッカリに焼いて、出た脂を取り分けておきます。
脂は石けんに入れる。。。わけではなく、炒め物を作る時に使います。風味が出て美味しいですよ。

あ、もちろん鶏皮をいただくのがメインですよ。

ちなみに鶏油の鹸化価(NaOH相当)は140mg/gくらいだそうです。
トリセッケンを作られる方のご参考まで。


手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

キッチンソープ・超オールド [■手作り石けんな日々]

オールドキッチンソープ

我が家のキッチンソープは、頂き物の廃油の塩析固形石けんと、端っこ石けんなどを溶かしたのを混ぜた液体石けんの二本立てです。
塩析固形石けんはスポンジでモコモコに泡立って泡持ちも良いのでたくさん洗い物をする時には欠かせません。リキッドは石けんを足したい時やちょこっと洗いたい時に。

固形の方が小さくなってきたので在庫を探索していたら、いつ作ったのか覚えてない(2年は経ってる)ヤツが出てきました。塩析石けんを陶器のカップに入れて固めたものです。
だいぶ縮んで隙間ができています。コロンと出てきそうだったので取り出して見たら、下の方がなんだか変なことになっていました。。。

なかがわ

写真の右側参照。底の部分から側面の下の方、濃い茶色になってます。そして謎の針状結晶発生!
なんだこれ。。。? 食塩ではないよね。塩析石けんだから、水分か塩分か石けん成分か残留した不純物なんですが、不純物って量じゃないです。特殊な形の石けん結晶だったらおもしろいのですけど調べ用がありません。
茶色いところは少し酸化したような匂いはしますが、大したことはありません。
乾きにくかったであろう底の方が傷みやすいのは仕方ないでしょう。でもCPが傷んだ時のようにベタベタしないのはさすがです。

使ってみたら、茶色いところは表面だけですぐになくなりそうです。固くて泡立ち良くて使い勝手は問題ないので、このままキッチンデビューさせることにしました。

カップに入れて固めておけば使いやすいかなぁと以前はこいうのをたくさん作ったのですが、こすり取っているうちに水が入り込んでくるくる回るようになるし、中に溜まった水でドロドロができてくるのが嫌になってしまって、最近は普通に四角く固めたものを愛用しています。
カップの底に植木鉢みたいに穴を開けたらだいぶ良くなるかもしれませんねーー。

そろそろまた作らなければいけない時期になったようですが、廃油を集めていないので超特売の時に買ったキャノーラ油で塩析なしのを作るか、でも硬い方がいいので一回だけ塩析してグリセリンを抜くか、考え中です。


さて、写真もないのでご報告ができていませんでしたが、アンデリーズさんでの科学と化学講座Lv.3は無事終了しました。
ここまでは基礎化学と油脂や洗浄がテーマだったので、市販のテキストや参考書からポイントをまとめていく形でしたが、次回からはいよいよ手作り石けんに特化した反応や物性につながっていきます。それ用の参考書がない領域、如何に皆さんの体験とつながるようにお話できるかを考えながらテキストを作ろうと思っていますので、応援よろしくお願いします。塩析も取り上げますよー。
日程が決まり次第、ご案内させていただきます。


手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

年末年始のご挨拶 [■手作り石けんな日々]

Happy Winter

今年は新しいチャンスと数多くの出会いをいただいて、大変思い出深い年になりました。

恒例の石けん的反省。

月に1回のペースであっても教室を持たせていただくというのは思った以上にプレッシャーが大きく、毎回痩せる思いで取り組んでいます(思いだけで実際に痩せないのが残念ですが)。。
もっと自分がゆとりを持てないと伝わるはずのことも伝わらないのではないかなと。2年目の課題です。
ゆとりがないと自分用やお遊びの石けん作りもできないですからね。。。

あと、、、
お気づきの方も多いと思いますが、実は私、人のお名前やご経歴を覚えるのが苦手なのです。。。
(もちろん不得意強化は社会科(歴史)です。)
これも何とか克服したい! いやせねば。必殺技とか誰かご存知ないですか??

新年の新しい目標は特に設定しません。今の取り組みをより深化させるということで。
まずは課題克服。
次に、よりカラフルに!
そして新たなお勉強に着手する! 着手したい。できるといいな。


お世話になった皆様に感謝感謝で2013年を締めくくりたいと思います。。
2014年も変わらぬご支援、ご指導賜りますよう よろしくお願いいたします。

ゆりくま

Happy Winter

ーーーーーーーーー
アンデリーズさんの年明けの講座は内容、日程とも決定しています。
まだHPに詳細が公開されていないかもしれませんが、ご興味あればお問い合わせください。
http://www.mutenkabatake.com

2月1日、2日 科学と化学講座
※当初のスケジュールからは若干構成を変更しています。
1日(土): 基礎科学と有機化学入門 (2013年11月と同じ内容ですが、進行をゆっくりにします)
2日(日): 11月に受講いただいた方の復習講座と、Level3 油脂と脂肪酸、洗浄の科学

3月22日、23日 フィトピグメント講座
石けんに着色するために、植物の色素をピグメント化して取り出そう! という取り組みです。
いろいろな植物、色でシリーズ化していければと思っています。


手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

赤なのか、赤じゃないのか [■手作り石けんな日々]

赤くなりそうな何か


一見赤くなりそうな何かの実験継続中。

本当は全部が赤ではない見込みだったのですが、煮出したら全部似たような赤茶色に。。。
それでも石けんに色が残ればラッキーかなとめげずに仕込んでいます。

何か赤い汁たち


タネに混ぜた時点で色が引き気味のものもありますが、どうなるかはカットしてからのお楽しみ。

型入れ

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

油の日 [■手作り石けんな日々]

山椒香味油

8月23日は油の日

浅草橋の金田油店さんでは8/23、24日で恒例の油の日イベントを開催されていました。土曜日にお店を開けていてくださるということもあり、家族で浅草橋散歩を楽しみました。

いろいろなベースオイルを切らしているので大量買い。抽選でえごま油も当たり、WSを覗いたり、ぶらぶら周りのパーツ屋さん巡りもしたりと、結局一日遊んでしまいました。

石けん用のオイルじゃなくて、食べる方では上の写真の山椒香味油がオススメです!
米油に粉山椒をインフューズドしたオイルで(写真では見えにくいですが粉入ってます)、とっても爽やかな香味と少し遅れてくる刺激が素晴らしいです。
早速 ゆずポン酢と合わせて豆腐サラダにかけていただきました。やみつきになりそうな美味しさです。

てなわけで昨日は一日ぶらぶらしてしまったので、油も手に入ったし、今日こそ家用の石鹸をつくるのだ! がんばる!

オイル山盛り


金田油店さん、ネットショップでの油の日プレゼント企画は8/31まで応募できます。
http://www.abura-ya.jp/
http://ssl.shopserve.jp/-/abura-ya.jp/enq/enquete.cgi?PAGE=5&SHOPURL=

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

はとむぎ石けん [■手作り石けんな日々]

はとむぎの石けん

自分用のシンプル石けん、久しぶり!

石けん自体はたくさん作っているのですが、ほぼ実験か試作なのでなかなかご紹介できないのがもどかしい今日この頃です。

300gバッチで豆腐の型みたいなモールドにたっぷり、それを大胆に2個に切ったので1個あたり約250g近くの巨大石けんです。


■□■ はとむぎ石けん ■□■

スイートアーモンド油、ハイオレックひまわり油、パーム油、ココナッツ油
ROE、ヨクイニン粉、ホホバ油
EO/ゼラニウム、マジョラム、フランキンセンス
鹸化率 95%、水分 95%

■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■


ヨクイニンは300gバッチに大さじ2くらいは入れたのですが、ほんのり生成りくらいで色はつかず。つぶつぶ感もなしで、もっとたくさん入れても問題なさそうです。

鹸化率を高めに設定しているため固くてしっかり、泡立ち良くて使いやすいです。
我が家では「魔法の香り」と呼ばれているマジョラムと、ゼラニウムが融合した甘くて爽やかな香りも絶妙です。

夏は使用感からも、お風呂場でベタベタしないという点からも、しっかりした石けんが使いやすいですね。


手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます


前の10件 | 次の10件 ■手作り石けんな日々 ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます