So-net無料ブログ作成
検索選択
├ 手作り化粧品 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

やっつけ基礎化粧品 [├ 手作り化粧品]

明日、いやもう数時間で出張で出なくてはいけないのに準備が~~

ちょうど化粧品類が全部切れたところであわてて調合中。
写真はオイルを容器にぶっこんだところ。下からメドウフォーム油、ホホバ油(センテラ抽出)、スクワラン。入れた順に関係なく比重で分離している模様。見えてないけど脂溶性VC誘導体(粉)とネロリEOが入っていて、このあとシェイクして完了。保湿系のつもり。


あとはゼラニウムウォーターに適当にいろいろぶっこんだ化粧水と、シアバターをそのまま小さいクリーム容器に移し変えたものくらいで足りるかな・・・。
最近買ったUV下地が合わない~というか粉が剥げたみたいに崩れるので、昼の化粧下地には上記のテキトーオイルとテキトーローションとシアバターを手のひらブレンドしてプレスして付けています。案外ナチュラルでよい感じに仕上がります。

あ、なんて長々と書いている場合ではない。
あと着替え着替えと。石けんも忘れないように・・・


そしてそんなわけで私信。

出張先より追記。
ホテルのレンタルPCで半ば解決です。便利になったね~。

ヘアワックスを作ってみる [├ 手作り化粧品]

乾燥する季節になって、少し伸ばしている髪のまとまりが悪くなってきました。
毛束感を出せるワックス的なものがほしいなと、久しぶりにミツロウを溶かしてみました。

オイルと蜜蝋だけのワックスでも良かったのですが、急に乳化してみたくなったのですよ・・・。
といっても水分は少しなので、柔らかさが出る程度でかなり油に近いテクスチャです。



以下 自分メモなど

---------------
蜜蝋: 4g
ホホバ油: 12g
アボカドバター: 10g
乳化ワックス: 少し(0.5gくらい)

精製水: 15ccくらい
キサンタンガム: 少々(ミクロスパチュラのスプーンで1杯)

ゼラニウムEO 3滴、ローズウッドEO 1滴
---------------

小分けして会社に置いておけば髪と手に兼用できそうです。
あとゼラニウム練り香として (すこしきつい)
ハンドクリームとしては少し油っぽいけど、今の置きクリームはソフトワセリンだからそれよりましかな。

あ、写真の後ろに写っているのは麦酒石けん。ホップエキス、大麦エキス、小麦胚芽油 配合。
昔サッポ○かどこかのビール工場見学で買ったものが出てきたので記念撮影です。


最近右手の手湿疹が再発&悪化していて、ついに今日はピシッと横に割れが・・・。
で、うっかりイカをさばこうとして10秒でかゆみノックアウトです。
またベルツ水のお世話にならねば・・・。ベルツ水の後の蓋にはワセリンがベストだと思っているのだけど、乳化クリームはどうかな。

アルガンオイルって・・・ [├ 手作り化粧品]

アフリカフェアで購入したものの続き。モロッコのアルガンオイル。

といってもハンズや通販で手に入る国内の販売会社のものです。

アルガンオイル

たっぷりのビタミンEを含み、保湿力に優れた美容オイルとのことです。
ここのところ肌の状態はさほど悪くなかったので、使用感は 割と重めで浸透する感じはない、程度の感想で。
なんだか使い始めてから吹き出物気味なのはこいつのせいではないと信じたいところ。

それにしても・・・臭いが!! 気になる~。

独特の臭いがあり、わたし的には おじさんの香り だと思う。

朝の通勤電車で絶対こういう臭いのおじさん居るって!

・・・おばさんのくせにおじさんをバカにするような発言をしてごめんなさい。
でもでも、どこかでかいだことのある香りで、私には人ごみと大人の男性に直結するイメージなのです。
口コミなどでは炒りごま油に例えるケースが多いようです。近いことは近いけどそんなにおいしそうじゃない。「二癖も三癖もあるごま油」にしておきたいところです。

臭いのは付けるときだけでいつまでも残るわけではないのですが、ちょっと辛いなぁ。。。 他のオイルで薄めて精油入れちゃおうかな。
試しに手の上でスクワランで倍くらいに薄めてみても臭いはごまかせなかった。
※私はクリームや乳液を作り置きしておらず、化粧水の後は直オイルまたは なんちゃって乳液(手のひらブレンド)です。

今後も慣れなくて使い切れなさそうだったら、贅沢にアレ材料になってしまうかもです。


※当ブログ内の手作り石けん・化粧品等の使用感は私(ゆりくま)の個人的な感想です。すべての人が同じように感じられるとは限りませんし、材料が合わない可能性もあります。参考にされる場合には十分ご注意ください。

フランキンセンスミルキーローション、作りました [├ 手作り化粧品]

フランキンセンスのレジンをお湯に溶かしたエキスの化粧水、作りました。
→レジン溶解の写真はこちら
→COCOえっせんしゃるさんの溶かし方&レシピを参考にしました。

フランキンセンス水 30cc
ウィッチヘーゼルアストリンゼント 30cc
グリセリン、トレハロース、DMAE
(元のレシピは完全無視の状態です)
フランキンセンスの精油は持ってない、クエン酸は嫌い、エタノールはウィッチヘーゼルに入っているので無し。さらにドラッグストアで買えるウィッチヘーゼルアストリンゼント(これだけではさっぱりしすぎるので封印されていた物)使用の超手抜き作業。

エキスのろ過には不織布タイプのお茶パックをつかいました。
目が粗かったのか? 置いておくとフランキンセンスの懸濁物が沈殿するので、振ってから使ったほうがよさそうです。

感想は~・・・ つけたときはぺたっとするけど、その後なんかスベスベサラサラする!のに乳液要らずな感じ?? おもしろい。
使ったウィッチヘーゼルアストリンゼントは非常にエタノール臭いし私にはさっぱりしすぎる物だったのですが、ちょうど良い感じに中和されています。つまりフランキンセンスが重いので、ブレンドするものをあまりしっとりタイプにしすぎるとくどくなるかもしれません。
あと、レジンの香りより、エタノールより、ウィッチヘーゼルが臭い。
老化肌に効果があるかどうかは当然ながらわかりません。数日前に使いはじめたばかりだし、もともと鈍いので。。。

※当ブログ内の手作り石けん、化粧品の使用感は、私(ゆりくま)の個人的な感想です。すべての人が同じように感じられるとは限りませんし、材料が合わない可能性もあります。参考にされる場合には十分にご注意ください。
※COCO・エッセンシャルさんは非常に情報量の多いサイトで、レシピ等を参考にさせていただいていますが、海外からの発送ということもあり、購入経験はありません。したがって発送対応や感想については記載できません。ご容赦くださいませ。

TN ディッキンソンズ ウィッチヘーゼル アストリンジェント
ウィッチヘーゼルとエタノールの香りが楽しめる一品
生活の木 フランキンセンス

ローズマリー軟膏を作ってみた [├ 手作り化粧品]

落ち着いてハンドクリームや保湿用のクリーム、特に乳化クリームを作れないため、顔はブレンドオイル、手は白色ワセリン(に何か適当に混ぜたもの)でなんとか過ごしている今日この頃。
白色ワセリンを使っているならと、モンブラン・ユキさんがウルソール酸(しわ防止成分)たっぷりローズマリー軟膏を紹介してくださいました。


濃い緑色の軟膏。強いローズマリーの香りがします。
作り方はとっても簡単、ローズマリーをエタノールで抽出し、有効成分をワセリンに移すだけ~。
(詳しくは しんちゃんのサイトのFAQ をみてね)

私はスクワランとカレンデュラ抽出のマカダミアナッツ油を少々くわえてみました。
荒熱が取れてからユーカリとラベンダーEOを入れてみたのだけど、エタノールと一緒に飛んでしまったのか、ローズマリーが強いのか、まったく行方不明です。

もしお姉さんのいる化粧品売り場へ行ったら、RISEじゃなくてVITALRICHを薦められてしまってもおかしくない年齢のワタクシ。これで眉間のしわが取れちゃったらどうしよう~。

モンユキさん情報ありがとう~。
今日からせっせと塗るからねっ。

---------------おまけ写真
なかなか使う機会がなく、なんだかアレな香りになってきたリキッドソープの元をお洗濯用に大量に希釈。
途中、カタマリを竹串でぶちぶちにする遊びに没頭してしまい、数十分。(アホです)
左の写真が、細かくされたリキッドの元が浮遊している様。。。なんか菌体培養中みたいで目が離せなかったのでした。

右写真)きれいに溶けました♪なぜか過剰油脂の白いのもまったくでなかったよ。


マッサージバー [├ 手作り化粧品]

プレゼント用マッサージバー作成。
蜜蝋、ココアバター、スィートアーモンドオイル、コーンスターチ。
すっきりできる方向で、ユーカリとオレンジ、グレープフルーツのEOを入れましたが、完全にココアバターに負けてチョコ臭しかしません。
一日寝かせて、完成です。

ところで、写真の左のほうに材料を混ぜたビーカーが写っています。
バターや蜜蝋系のものって型に注ぐ際に容器にもいっぱい固まって残りますよね。

この残りはどうしてますか?ビーカーからこそげながらハンドクリームとして使うのは私だけ?けち臭いでしょうか。

さて、この週末は家族(親)サービスでプチ旅行に行ってきました。
おまけのベゴニア写真など。


シートパック [├ 手作り化粧品]

週に1回くらい、シートパックをしています。
カネボウの、シート15個とと化粧水を計る容器がついて600円くらいのやつに、ハーブエキスの手作り化粧水を使います。

化粧水15ccくらい。
今回は、ヒースとローズヒップのBG抽出液を3滴ずつに精製水を足しました。簡単♪

この化粧水に、左肩に写っている圧縮されたシートを放り込むと。。。

化粧水を吸って、みゅーんっと大きくなります。
これを開いて顔にのせるわけですが。。。その写真は封印ということで。


植物エキス [├ 手作り化粧品]

点眼容器をいっぱい買ってきました。
いろんな空き瓶に入っているハーブのBG抽出液を、点眼容器に詰め替え。

夏になるので冷蔵庫に保存しやすいし、使うときに都度都度、種類ごとにスポイトを用意しなくてよいので。(ほんと、スポイトが面倒で)

写真に写っているのはローズヒップ、カモミール、ヒースかな。
まだカレンデュラとローズがあるので移さなくては。


マッサージバー [├ 手作り化粧品]

お気に入りのLUSHのマッサージバーが無くなったので、自作しました。

マカダミアナッツオイル、ミツロウ、ココアバター 各10g
コーンスターチ 小さじ2

オイルを湯せんにかけて溶かし、粉を加えてよく混ぜたあと、型に入れて固めるだけで完成。
今回はフットマッサージで疲れが取れるといいなということで、ローズマリーとラベンダーの精油を3滴ずついれています。

左が完成品。右の足跡のスタンプを押してみたんだけど案外固くてうまくいきませんでした。
大きさは、板ガム1個分くらい。

使用感
マカダミアナッツオイルのせいか、ちょっと重い使用感です。もっと粉を多く入れた方がサラッとした感じになったかな。
ココアバターの香りが強く、精油の香りはあまりしない。。。

さらに、オット君はローズマリー精油の香りがあまり好きでないことが判明!
がーん

・・・実は私も好きな方ではないんだけど・・・最近なれてきて、使えるようになった感じ。
ハーブのほうは二人とも大好きなのですが。


失敗クリーム写真 [├ 手作り化粧品]

失敗作品の記録。

ミツロウ、シアバター、スクワランのハードクリームです。良く見ると粒粒ができているの、わかりますか?
ちょっと蜜蝋が少なくて、少し気温が上がったらゆるゆるになってしまうような状態のもの。
このところの陽気で、気温の変化で溶けたり固まったりを繰り返すうちに、固まりやすい蜜蝋とバターだけが凝集してしまったようです。

まあ、使用には全く問題ないです。ツブツブも一緒にすくい上げて肌にのせると、体温で溶けていきます。
そろそろ手作り化粧品の管理が難しい時期になってきましたね。


前の10件 | 次の10件 ├ 手作り化粧品 ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます