So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイビスカ酢の味付けタマゴ [▼ゆりくまの台所]

味付けタマゴ

最近はカラフルな味付けタマゴを量産していました。

メディカルハーブのお勉強の一環(卒論)でテーマをお料理に決めたのですが、ハーブをたくさん使うと茶色くなりがちなので、プラスアルファで綺麗な色も楽しんでみました。

手軽で発色も持ちもいいのがハイビスカス(ローゼル)の赤、これが簡単でなんでもよく染まるので、ご紹介します。
お弁当が茶色くなりがちなのが悩みの女子中学生に大好評(笑)

はじめに、基本のハイビスカ酢を作ります。
ハイビスカスの赤色はアントシアニン(デルフィニジン系)で、酸性で安定した赤色になるので、お料理に使うなら断然ビネガーでの抽出がオススメです。

■■ハイビスカ酢
ハイビスカス(ハーブティー用) 5グラム
お酢(米酢やリンゴ酢) 50〜100cc (ハイビスカスの10〜20倍)

ハイビスカスをお酢につけて2日〜1週間程度抽出し、漉せば完成です。ビネガーなので腐る心配は少ないですが、退色防止のために光を避けて保管し(できれば冷蔵庫で)、早めに使用してください。
ハイビスカスのシングルティーでなく、色は薄くなると思いますが、ローズヒップとのブレンドティーでも大丈夫です。ローズヒップのビタミンCや甘みが出て美味しくなるかも。

■■味付けタマゴ
写真はカレーパーティーの付け合わせで量産した時のものなので、うずらのタマゴの水煮を使用しています。黄色はサフランライスのおすそ分けのサフランです。

■漬け汁
味付けタマゴ作ります

今回は、ピンクは”白だし”、黄色はピクルス味です。味付けはめんつゆでも塩でも塩こうじでもお好みですが、色を綺麗に出すためには醤油なんかの色が濃すぎないほうがいいですね。
タマゴ12個(2パック)を漬けているのでつけ汁としては50cc強用意していますが、1パック6ー7個なら30ccくらいで十分です。鶏卵の場合はもっと必要ですね。

赤いほう: 白だし 20cc、ハイビスカ酢 10cc、水 20cc(酸っぱ好きならお酢10+水10でも)
黄色いほう:ピクルス液 50cc にサフラン(ホール)6〜8本を30分ほど浸す

■漬け込み
タマゴとつけ汁をポリ袋に入れて、空気を抜いて口を縛ります。
冷蔵庫に入れて、ムラなく染まるように、時々揉んで位置を変えて、半日から1日おけば色も味も入ります。

ポリ袋で漬けます
↑ つけてすぐ。ハイビスカスはすぐに色が入るけど黄色は時間がかかりますね。

色付きタマゴ完成
↑ 1日後。赤がタマゴに移動してつけ汁が茶色になってます。

完成〜
緑の、オリーブの塩漬けも刺したら3色でかわいかったかな。
味付けタマゴ 2個つなぎ

_____
ハイビスカ酢は麺類やご飯の着色にも、梅酢のように使えると思います(塩は入ってませんが)。
ピンクのドレッシングが作れますね。
長時間の加熱には弱く、ピンクのご飯ができるかな? と炊く前に加えたらお赤飯風にちょっと黒くなってしまったので、すし酢のように少し味を整えて(色も薄めて)から炊き上がり後に混ぜるほうがいいかもです。あ、すし酢にハイビスカス漬けておけば酸味も薄いし毎回味を調整しなくてもいいかもですね。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

金木犀の透明石鹸 と 横浜ソーパー会20017.4.16 [■手作り石けん記録]

金木犀の透明石鹸

金木犀の透明石鹸
抽出した金木犀の香りが残ってくれたらいいなぁと、たっぷりの金木犀チンキを閉じ込めた透明石鹸です。
横浜ソーパー会の石けん研究のお題「かおり」にあわせたものです。

透明石鹸は原材料として無水エタノールを使います。とってもたくさん使います。
金木犀の無水エタノールでのティンクチャーがうっとりするほど金木犀らしい素晴らしい香りだったので、そのまま石鹸に残ればという期待を込めて、エタノールの半分以上を置き換える形で作ってみました。
みました

みましたが。。。

残念ながら、お花の香りは残りませんでした。
金木犀のティンクチャーはできる限り熱や強アルカリに触れないように配慮したのですが、ほんのりと青っぽい植物の香りが残っただけでした。残念。

金木犀のティンクチャーと石鹸

それでも実験は実験として、結果報告のためにラッピングして持参しました。透明石けんは真空パックやラップでのぴっちりパッキングが綺麗です。

金木犀のティンクチャーは写真に写っている黄色い液体です。カロテノイドがたっぷりのようで、濃い黄色いティンクチャーになりました。漬けていたPPの容器は染まってしまって再利用不可です(笑)
ティンクチャーそのものも嗅いでもらいましたが、なんと、「熟した柿の香り」という感想が!
たしかに、そう言われて柿だ柿だと念じながら目を閉じて嗅ぐと、柿に思えてくるから不思議です。ツンとした部分が飛んで、甘いところが強く残っているからでしょうか。

金木犀の石けんにバラ

そして実はこの石けんの中に、アロマハウス香恋の小林幸先生のところで作ったバラを埋め込んでみていました。が、これはこれで、透明石けんの色が濃すぎて見えないという残念事件を起こしています。
ティンクチャーで薄黄色になっていた石けんのタネ、金木犀らしくもう少しオレンジにしたいなとサプリメントのアスタキサンチンを一粒入れたら。。。 とんでもなく赤くなってしまったのでした。

効果覿面(涙)

強い光を当てて透かさないと見えません。
初めの集合写真はラッピング直前によーく磨いたものですが。。。少しだけみえているでしょうか。

そんなこんなの残念石けんでしたが、どんな事を試みてうまくいかなかったのかを突き詰めて語り合えるのもお題石けん研究会のいいところです。

そして横浜ソーパー会本番(4/16(日))
なんと記念すべき第30回! 2004年から続いている会です。(私は多分2006か2007年あたりからかな? 記憶曖昧)
これからも細〜く長〜く続いていきますように。

皆さんのお題石けんです。私のを除き、いい香り、美味しそうな香りの石けん大集合!
ふがふが楽しみます♪
横浜ソーパー会

次回のお題は「海」になりました。いままでなかったなんて意外〜

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

↑FBページはブログよりマメに更新しています。FBアカウントなくてもみられますので、ぜひご訪問ください

最近のこと201703 [■手作り石けんな日々]

たおさんち

3月くらいのことをまとめて記録(^^;;

初めの写真、Taoさんのプライベートレッスン
初めてご自宅に伺ってきました。
午前午後たっぷりお話を聞かせていただくコース。楽しいお話と、美味しいご飯と、にゃん付き。幸せな時間でございました。

石鹸は3つ、コズミックスワール、ゴーストスワール、黒ビールとローズマリーの石鹸。
どれもTaoさんらしい工夫が入っていて勉強になりました。
(カット写真がまな板の上で申し訳ない)
また伺えるといいな。


長島メソッド

1月から月イチで、NoANoA主催、長島司先生のシリーズ講座「植物化学成分と製剤学」に通っておりました。3月で終了。
各回の実習は「家で分ける」宿題があるのですが、4月にかかりながらもようやく全部分けて、いろいろな素材から根拠ある方法で香りや有効成分を取り出したオイルがたくさんできました。ラベルが雑でお恥ずかしい。
後ろの方のビンたちは講座の方法や以前に教えていただいた方法、いわば長島メソッドのアレンジで取り出したりやりかけたりしている香りのオイルたちです。仕上げがまだのモノもありますが、がんばります。

3月まではほとんど休日なしで外出していましたが、4月になって少し家での時間を作るようにしています。ここで家事をしてしまうと疲れちゃうので掃除もせず寝ているというのは内緒です。が、リフレッシュしてお家で勉強して、しばらくパワーアップ時間を取れたらと思っています。
無理の効かない歳になってきたなぁと最近しみじみ感じます。走り続けていないと死んじゃうタイプの人ではないことが分かりました(今頃!)

ブログは記録に残ることを意識して書いています。
小ネタはFBページ Handmade Soap くまま (↓リンク)やインスタグラム @kumama_yurikuma でちょびちょびあげていますので、よろしければそちらもフォローくださいませ。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

カレンデュラのせっけん [■手作り石けん記録]

カレンデュラのせっけん

自分ち用せっけん、もう直ぐ解禁♪

カレンデュラ、ローズ、ラベンダー ブレンドのインフューズドオイル、たっぷりハチミツの自分的に贅沢せっけんです。
インフューズドオイルの香りがふんわりと残って、使うのが楽しみです。

カレンデュラのせっけん
カレンデュラのせっけん

ハチミツは苛性ソーダ水に先入れしています。
苛性ソーダ水は赤くなりますが(どのくらい赤くなるかはハチミツの種類や量によります)、せっけんにハチミツ色は残りません。
型入れの時はとっても黄色くて、ウル抽オイルなのであっという間に型入れだったのですが、温度がよく上がってジェル化始まっているかもという温かさだったと思います。
カット時にはハチミツ水の赤さはすっかり消えて落ち着いて、インフューズドオイルの濃い黄色が残りました。

カレンデュラのせっけん

カレンデュラのようなハーブを乗せた時、ハーブ部分を上にしてワイヤーやナイフでカットすると、カット面にハーブを引きずった傷ができてしまいます。
潰れることが気にならないハーブ盛りなら逆さにしてカットすると傷が少なくて済みますよ


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

花手毬石けん・フラワーアレンジ石けんを作ってきました [■手作り石けんの輪]

花手毬石けん・フラワーアレンジ石けん

ゆりくま、北へ逃亡! の記録ではありません。決して決して。

山形県酒田市 アロマサロン、石けんやハーブの教室 アロマハウス 香恋 の 小林幸先生の元へ、花手毬石けんとフラワーアレンジ石けんを学びに行ってきました。

こちらが先生の作品、花手毬石けん、フラワーアレンジ石けん、そしてジュエルボール キャンドル。
きれいでしょう?
花手毬石けん 先生の
ジュエルボールキャンドル 先生の

最近は視力の大人化と肩こりのため手を出さないようにしていますが、元々ちまちま作業が大好きで、樹脂粘土で1〜2cmのお花を量産していたこともあるワタシ。お写真を一目拝見した時から、これだ!! って気持ちでした。
講座にされるとのことでもう居ても立ってもいられず、無理無理日程調整して馳せ参じた次第です。

もちろん詳しく書けないことはあるのですが、秘密で書けないというよりも、先生がこの作品を作り上げられるまでに積み上げられてきたこと、込められた想い、小さいけど間違いのないコツや工夫、文字にできない素敵な愛がいっぱいいっぱい詰まった充実した講座でした。

総12時間のカリキュラムのほとんどは、先生の手ほどきを受けながらひたすら練習練習! です。
たくさんお花を作りました。
2日目のバラは1日目より随分上達したと思いますが、先生のと比べちゃうとしょぼーんです。
お花いっぱい!

あ、初めの写真の作品に乗っているお花は先生が作られたものです。

花手毬石けんの一つは敢えて先生が作られていない配色を狙ってみました。テーマはノースキャロライナ(古!)
ノースキャロライナ風花手毬石けん

折角なので追加をお願いしてアレンジをもう一つ作らせていただきました。こちらもお花は先生作。
フラワーアレンジ石けん

幸先生とは私が仙台へ講座で伺った時にお知り合いになり、色が好きなんですっ!ってお話しくださったのが印象的で、いつかまたゆっくりお話しさせていただきたいとずっと思っていました。
その願いも叶い、今回は私の移動の時間に合わせて公共交通機関との送り迎えや講座の時間割調整ほか2日間じっくり取り組めるように細やかなご配慮をいただいて、ほんとうに感謝感謝です。

今度はジュエルキャンドルシリーズやフラワーアレンジキャンドルも作らせていただきたいな。また絶対行きます。仕事オーバーフローで逃亡じゃなくて、計画的に。

作ったお花アップ!

アロマハウス香恋さんのHPとブログはこちら。出張もお願いできますよ。
http://aroma-karen.com/
http://ameblo.jp/aromaskaren/

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます