So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

アロエのくましゃん2019 [■手作り石けん記録]

アロエのくましゃん2019

ぶつぶつ石けん写真で失礼します。
定番のお家用すーすーシャンプーバー「くましゃん」+アロエベラ

シャンプーバー用の泡立ちレシピに、水分全量をアロエベラジュースを使っています。

ココナッツオイル 70%、ひまわり油 15%、ラード 15%
水分全量 アロエベラジュース(後述)30%、けん化率 92%
メントールクリスタル オイルの1.5%

ラウリン酸の多いココナッツオイルの泡立ちは大きな泡がぶくぶく、ですが、泡の持ちは良くなくて、大きな泡はしゅわしゅわと弾けて消えてしまいます。
ここにネバネバ素材であるアロエベラジュースを使ったことで泡の持ちが格段に向上して、ぶくぶくの泡が潰れずに大量発生します。泡がなくなると洗いにくいシャンプーバーには最高の組み合わせでした。
※他のネバネバ素材でも同じような効果があります。

シャンプーバーと言っていますが、夏はもちろん全身に使います。
メントールのスースーが気持ち良いです。

見た目は敗北感満載
お家用なのでいろいろ実験盛り込みますが、あーあ(笑)な見た目になることもよくあります。
今回は Pour/Pull through (注いで引き抜く、という感じかな)という、模様を切り抜いたプレートに糸やワイヤーつけたものを敷いた上にファンネルスワールなどの色が重なる方法でタネを注ぎ、最後にプレートを引き上げてできる模様を楽しむデザインに初めて挑戦しました。
やり方は、下にこれを作った時の引き抜き動画をリンクしていますが、ちゃんとしたハウツーもたくさん公開されているので探してみてくださいね。


見た目の敗因
・初めて石けんに使ったブレンダーがめちゃめちゃ空気を噛むヤツで気泡だらけになっちゃった(ブツブツの正体)
・アロエベラジュースの在庫を取り違えて赤くなる方を使ってしまい(見た目にわからない)、色がボケちゃった
・飽和脂肪酸の多いレシピはトレース後に固まるのが早いのでサラサラのうちに着色しないといけないのに、トレース出しすぎてほぼファンネルスワールできなかった

引き抜く型紙は牛乳パックで作りました。
ぽわぷるの型紙

つないだだけ動画


アロエジュースの作り方はこちら(キダチアロエバージョンですが、アロエベラでも同じ)
濃い色になるエキスを作るコツ
・ジュースにしたりアクを取ったりする際にできるだけ水を足さない
・アロエベラの場合、ゼリー部分を別に取り分けて皮の比率を高くする
特にアロエベラの時はねばりが強くなるので、ミキサー後、固形分入りのまま煮沸して、温かいうちに漉すと少し楽です。漉す時は荒いザル→細かいフィルタの2段階にします
https://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2017-08-20

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

塩石けんは保管注意 [▼手作り石鹸のツボ]

残暑お見舞い申し上げます

間が空いてしまいましたが、この期間はいつになく自分と家族用の石けんは作っていました。
ぼちぼちと載せていければと思います。

さて、梅雨が明けた7月下旬、新しく作った石けんを乾燥させるために石けん一時置き場の木箱の覆いを外したところ。。。

個包装しないで放置していたハーフソルトバーが大変なことになっていました。
2つ前のエントリーに書いた、ヒマラヤンピンクソルトの石けんです

梅雨越しの塩石けん

矢印のところ、くぼみに水がたまっています
下に敷いていたキッチンペーパーと新聞紙も端まで水を吸ってしっとり

一緒に置いてあった他の石けん達も湿った紙の上に置かれていた、という状態です。

ハーフソルトバーや塩をたくさん入れた石けんは、湿気を吸い寄せます。
グリセリンが空気中の水分を引き寄せるので〜 なんていいますが、そんなもんの比じゃありません。

塩石けんは、十分乾燥したら早めに湿気を遮断できるような包装をしましょうね(反省)

とはいうものの、ハーフソルトバーに限り、湿気を吸い寄せた石けん自身は全く熔け崩れせずシャキッとしているので、水分拭き取ったら何事もなかったように普通に使ったり保管したりできてしまうのです。
バスルームでもその存在感は抜群で、他の手作り石鹸たちがだんだん白く柔らかくなっていくなか、びしっシャキッとしています。異様さすら感じます。一見の価値ありです。

包装して保管しようというのは、周りの紙や石けんに迷惑だから、という感じです。
まあ、ソフトオイルの多いふつうの手作り石鹸の場合、個包装せず湿気の多い場所に放置すると劣化しやすく、酷いとドロドロになってしまったりするので、どんな石けんでも湿気を避けて保管するのが賢明です。

ハーフソルトバーのレシピや作り方のコツはこちら
https://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2011-07-31

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

どくだみ2019 [└ ハーブ活用]

どくだみチンキ

どくだみのチンキを漬けました。
フレッシュを25度に割ったウォッカで。
どくだみチンキは香りにクセがないのでローションにブレンドしやすいです。

今年はたっぷり蒸留水を作るほどの量と時間、どちらも確保できそうにないのでこれでお終いかな。
さらに、毎日振り混ぜたり植物がウォッカから顔を出していないか確認するお世話もできなさそうなので、確実に沈めておく技をかけておきました。
※フレッシュ素材でチンキやインフューズドオイルを作るとき、植物体が液面から出ているところからカビが生えやすいので、マメに確認して沈め直す必要があります。

素材を沈めるラップテクニック

広口瓶の口のサイズよりひとまわり大きめに切った食品ラップを浮かべるようにして液体表面を覆います。
空気を抜くようにして液面に密着させ、端は瓶のふちに立ち上げておきます。
液がラップの上に回ってしまっても構いません。

これは、少量の干し椎茸を水戻しするときに浮いてしまうのを防止するために使っていた技です。
瓶の大きさに対して少しの量しか作成しないときに、時々やってます。
細い瓶の時はゆるく丸めたラップを突っ込んで押さえ込んだり。
手抜きばかり考えているワタシです。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | -
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます