So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
■手作り石けん記録 ブログトップ
前の3件 | -

横浜ソーパー会201811と雨がテーマの石けん [■手作り石けん記録]

みずたま

幸せな時間からあっという間に2週間経ってしまった・・・
日差しの暖かな11月の日曜日、恒例の横浜ソーパー会でした。
いつもの気の置けない仲間と、会の趣もぐっとプライベート感を増してゆったりと、ほとんど脱線なくずっと石けんの話をしていたと思います。
そうあるべきだよね、そういう会だし(笑)

メインイベントの石けん研究会のお題は「雨」でした。
雨の石けん

いつもお題が決まった段階で、例えば〜とか思いつき(言ってみるだけでやらないやつ)を出し合ったりするのですが、その中で「工業地域の雨水厳禁」になってしまったせいか綺麗な雨水出品もなく、香りとデザインで攻めるものが集まりました。
不慮の事態により出品不能になった作品もあり(写真に写っていません)、計7作品の工夫やこだわりポイントを共有しました。

ゆりくまのは2点、保険をかけたけど結局両方出品です。

(実は出先でこのブログ記事を書いているのですが、ノートを忘れてしまったためレシピ等は後ほどこっそり追記します)

ひとつめ

■□■ みずたま ■□■
写真はこの記事トップのもの

水分量の違いを利用するゴールトスワールの応用で、同じタネで水玉模様を。
ゴーストスワールのテクニックを初めて世に広めた(とわたしは思っている)AUNTIE CLARA’S Handcrafted Cosmetics のブログでみた作品を、ずっと作ってみたいと思っていたのです
こちら
https://auntieclaras.com/2014/08/intentional-crop-circles-water-discount-as-a-design-tool/
実はこれはスワールを発表する前の実験的な作品です。

お手本ほどくっきり素敵にはできなかったけど、わたし的には満足。
外側の水分が多い方のタネにトレースを出しすぎて障害物のある型にうまく流し込めず、ところどころ穴が開いてしまったのだけがちょっと後悔です。

しっとり湿ったフローラルな香り、を目指しましたが、パウダリーな石けんらしい香りになりました。


ふたつめ

■□■ 空と君のあいだに ■□■

空と君のあいだに石けん

雨が降ってる歌謡曲から、中島みゆきさんの名作をチョイス

ソラ石けん と キミ石けん を作り分けて、あいだに アメ石けんを挟むというダジャレ作品!
を目指していたのですが、ソラ石けんのアイデアが浮かばず、キミ石けんに青色をつけるだけになってしまったことが未だに悔やまれる一作です。
子犬もつけといたから見逃して。。。

雨石けんは、冷たい雨なのでメントール入りの透明石けん
上に乗っけた雲は雨石けんを一旦溶かしたものにクレイを混ぜてホイップしてモコモコを作りましたが、ねずみ色のベントナイトクレイしか手元になく、めっちゃ雨雲っぽく。。。
そして電動のホイッパーを持っていなくてミニ泡立て器でちまちま混ぜたのでそれなりに地獄のような作業でした。

キミ石けんは。。。 黄身石けんです。安易。

こちらは濡れた土と草の香りをイメージしました。


作りかけ写真

みずたま
みずたまソープ
ラップの芯を小さいカッターナイフで切るのは無謀ということを学びました

黄身石けん
卵黄2個入り
卵黄2個入り石けん


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

アロエベラの石けん [■手作り石けん記録]

アロエベラの石けん

アロエベラのエキス入り石けん♪
自宅用

泡立ちレシピではないので控えめながら、とろとろの泡が長持ちしてきもちいい

濡らした石けんの肌と泡をいつまでもすべすべと触っていたい。

幸せ♪ ←変態


でも正直見た目とかどうでもいいんですよ。
泡泡すべすべ、さらにいい香りだったらそれで幸せ


ということで、いま虜のアロエベラ石けん 作成メモです

ひまわり油、コメ油、ココナッツ油、パーム油
けん化率 92%
アロエベラ汁 水分量の半分
ローズクレイ
EO/ ゼラニウム、ベルガモット、イランイランEX、フランキンセンス、ラベンダー、マジョラム、ローズabs.、パチュリ

コメ油のせいか5分トレースでさっさと型入れ、ジェル化

アロエベラでほんのりピンクなのですが、ローズクレイ部分のピンクに目が行くと全体が黄色く見えてしまう

アロエベラはまるっと一本買って、根元の厚いところの歯肉はシロップ漬け(食用)と化粧水用のジュースに、先の方の歯肉、皮と根元部分の剥いた皮をミキサーして濾過した汁をこの石けんに使っています
アロエの下処理の仕方はこちらをどうぞ。キダチアロエバージョンですが基本は同じです。
https://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2017-08-20

アロエベラ下処理

左上)買ってきたアロエベラ、でっかいので3つに切って冷蔵庫に入れました。
その切り口が赤くなりました。石けんが赤くなるのもこの成分で、皮に含まれています

右上)皮と葉肉に水を加えてミキサーしたものを漉した汁を煮沸してアク取りしているところ
左下)ピンクの汁が取れました。使わなかった分は冷凍です。

切り口の感じを見ていると、赤い成分が出てくるにはちょっと時間がかかるようだったので、ミキサーしたものをすぐ漉さずにしばらくおけばよかったかなと思っています。

手触りサイコーなので、また作ろう
というか今後全ての石けんにアロエベラ入れてもいいや くらいの勢いで。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

コメ油のハーブ石けん、と、独り言(長文) [■手作り石けん記録]

コメ油の石けん

お家用の石けん
勢いで買ってしまった桑名のコメ油 1リットルの味見でした

コメ油がメインの石けんは久しぶりです
ふんわりお花の香りでやわらかい洗い心地に仕上がりました

■□■ コメ油のハーブ石けん■□■
コメ油 60%
ココナッツ油 25%
パーム油 15%

けん化率 92%

カレンデュラ、紅花、ジャーマンカモミール
パルマローザEO、リトセアEO、フランキンセンスEO、パチュリEO
■□■ ■□■

乾燥が終わった今は硬く使いやすくなっていますが、数日置いたにもかかわらず型出し直後はとても柔らかくて、カットするためにさらに数日放置しました

全体的にピンクになったのは想定外
カット直後は断面の外の方がぐるっとピンクになっていて、乾燥中に全体に広がった感じです
コメ油のせいか、まさか紅花のカルタミンが出てきたのか? (過去にそのまま石けんに入れたくらいで出てきたことがないので気のせいだと思います)

▼カット直後
コメ油のハーブ石けん

ところでこんな風にトップにハーブを盛った石けん、あるいはドライフルーツなんかを差し込んだ石けんなど、、、実際に使い始める時どうしていますか?

私はお風呂や洗面所に持ち込む前に可能な限り外します
山盛りにしてると多くは外れてしまうし、濡れたものが外れていく過程がちょっと不潔な感じがするし、外れたハーブたち、特にジャーマンカモミールなどのしっかりしたものは排水口に流れ損ねたものを虫と見間違えてうわぁ!ってなったりするし、残して置いて幸せなことがないので。

保管する際にもハーブが湿気てカビが生えたりするので、脱気や乾燥剤などの配慮が必要です。
かわいいんだけど、ちょっとめんどくさいですね。

ーーーーーー

この頃は本職の方でバタバタとしていてじっくり石けん事に向き合う時間が取れないのですが、その分、自分と手作り石けんについてぐるぐると考えることが多くなりました。

作った石けんのことや手作り石けんについて調べたことをこのブログでずっと書いてきて、最近はその成果を講座の形でご紹介させていただく機会をいただいたりしていました。

その間に、国内の手作り石けんを取り巻く環境は大きく変わって、部分的には業界みたいになってきたりして、
はじめに講座をやってみないかとお声をかけていただいた時とは自分自身の存在意義も変わっているのかなと思います。

でも私が続けていきたいことはずっと変わらず、「手作り石けんが楽しくなること、わかりやすくなることに貢献する」なのかな。
そしてもう一つ、忘れてはいけないと思うことは、「石けんは実用品」ということ。

楽しく、でも安全に石けんを作ること
使いやすい、使い心地の良い石けんであること

別に今までと何かが変わるわけではありませんが、この2点に軸足を置く、と、改めて確認した次第です。

自分としては
凝ったデザインやフェイクスイーツのような作り込みは、時々やると楽しいけど、追究することにはそれほど情熱を感じないから遊びの範囲で十分。
レアだったり高級だったりする素材は積極的には使わない。大抵の場合、その存在価値は石けんに使われるためにあるわけではないから(その栄養は食べて摂ろうよとか、洗い流して無くなってしまうのでは、自分のお金以上にその素材を生み出す労力や地球規模でかかった時間がもったいないものとか)。

そしてなにより、手作り石けん界の広がって、みんなが楽しくあってほしい。
目指すところでいうと、毎日のお料理のようにあたりまえに作られるようになってほしい。

そのために心がけようと思うことは「秘密を減らそう」です。

なんかね、最近ネットはつまらないんですよ。
手作り石けん界は秘密を共有できる人だけの閉鎖的な世界に向かっている気がして。
全世界に日記を公開しちゃう時代じゃないし、私の交流範囲に業界の方が多いからかもしれないけど、写真は綺麗だけど文章は得るものが少ない発信ばかりで。

別にあなたの講座のテキストを無料公開してくださいと言ってるわけではなくて、
普段作って使っている石けんがどんな感じとか、どんな工夫が活きたとか、ちょっと失敗しちゃったこととか、どんな想いを込めてこの石けんを作ったかとか、日常的な石けんの話が一番タメになるし、読む気になるんですよね。

お料理のようにって書きましたが、講座や教室も同じだと思います。
プロのレシピ本やHowTo本どころかネットでは無料でレシピやテクニックが溢れかえっているのにお料理教室というものはなくなっていない。
要するに、レシピ見るだけでできちゃう人はできちゃうし、できない人や満足できない人がいて、後者には教えてもらってできるようになろうという人がいる。できちゃった人だって、もっと上手になりたい、ちゃんと知りたい、あるいはあの先生と一緒に作りたい、という理由で教室に行くわけです。

もっともっと「ちょっと作ってみようかな」「自分にも作れそうかな」と感じてもらえるようになったら、手作り石けんもそういう世界に近づくのではないかと思うのです。真の意味で裾野が広がるとか業界が楽しくなるってそういうことじゃないかなと。

今は逆にちょっと調べたくらいでは作り始められなくて、簡単簡単と言いながらでも肝心なことはお教室に来てねと変に敷居があげられていたり、ワタクシノトコロデハ高級料亭ノ味ノヒミツヲオオシエシテイルカラ他言無用ヨ って空気が漂っていたりして、先のちょっとやってみようかなという人が産まれにくいように思います。

秘密っていうと大笠だけど、
今はいろんなことがクローズドになりすぎてる
発信する人は普通のことはもっとどんどん書いていこうよ
教えてもらわないとできないことじゃなくて、見ただけでできちゃう人にどんどん作って発信してもらうことで、もっと知りたい、じゃあ私も作ってみたいという人を増やしていこうよ

そういう方向を意識するということです
どんなすごい秘密を隠してるのかと期待しちゃった人には申し訳ないけど、当たり前のことを当たり前に書いていくだけです。

ワタシ程度が持ってる小さな秘密を明かされたからって困る人はいないと思うし
文字に書いただけでは伝わりにくかったり練習が必要だったりする真のノウハウはやっぱり直に教えてもらいたくなるはずだし
秘密だけがウリモノと思ってる人は別の魅力をみつけて高める努力をしたほうがいいし

そもそも業界が盛り上がればみんながハッピーになれるはず
なんだか発散してきちゃったのでこの辺で一旦おしまいにします。
次はひとつしか持ってない本当の秘密を書こうと思います。


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | - ■手作り石けん記録 ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます