So-net無料ブログ作成
■手作り石けん記録 ブログトップ
前の3件 | -

アレを入れてみた石けん、横浜ソーパー会2019.5 [■手作り石けん記録]

ヒマラヤピンクソルトの石けん

連休中に恒例の横浜ソーパー会が開催されました。
まったり集まって、石けんやその他の気になること気にならないことを語り合う会です。
予め決めたお題に沿った石けんを作成して持ち寄り、こだわりや成功点失敗点などを共有する石けん研究会がメインイベントです(あと二次会もね)。

今回も7人が集まり、お題石けんも全員エントリー!という、大変優秀かつ充実した会となりました。

20150502お題石鹸

研究会のエントリー石けんです。
うっかりしていてラッピング外した写真を撮っていません。ごめんなさい。

今回のお題は「入れたことがないもの」
自分がまだ入れたことがなかったオプション素材に挑戦しようということで、何か目新しいものを発掘しろということではありません。
世間ではみんな入れているけど自分は入れたことなかった、ってものでOKです。

お題はいつもそんな感じで、難しいことにも挑戦できるけど、楽しく作ることもできるように、意味の縛りはゆるくなっています。ハードルを上げすぎて参加意欲が失われることが一番つまらないですからね〜

さてみなさんの作品は。。。
ああっ! メモも今手元にない!
嘘を書くと申し訳ないからこのコーナーは後ほどこっそり編集しておきます。
おくら汁(ネバネバ狙い)、カルピス、灰からアルカリ、などなど、みなさんナイスチャレンジです。
やらかしちゃったポイントの共有が大変勉強になります

そしてワタクシのお題石けん

バスクリン石けん

入れてみたものは、有名入浴剤のバスク◯ン
止むを得ず不参加の方の持ちネタを譲っていただいた形です。

バスク◯ンに限らず粉状の入浴剤は炭酸ナトリウムや硫酸ナトリウムといった無機塩が主成分のため、使いやすい石けんに仕上げるためには得意の塩山盛り石けん(ハーフソルトバー)をベースにするのがいいかなと考えました。

使ったのはバ◯クリンマルシェというラインナップの中でも自然素材系の商品で、黄色の色はリボフラビンというビタミンB2の一つとのことです。タネに加えた時はみるみる鮮やかさが失われて茶色くなりましたが、型出しの頃には山吹色になっていました。

仕上げにドライの菊の花を乗せて、かわいくしてみました。
表面に白いものが出現しているのですが、いわゆるソーダ灰とは感じが異なります。何かの成分が浮き出てしまったのかもしれません。
オレンジの香りは無くなってしまいました。

ハーフソルトバーのベースを作ったので、わたし的に入れたことがない塩で、ヒマラヤピンクソルトを使ったピンクのハーフソルトバーも作っています(記事トップのバラの乗った石けんの写真)
海外のソーパーさんはよくピンクソルトのトッピングをしていて、かわいいなあと思っていたので真似っこです。ベースのタネには細粒のピンクソルト、中粒のをトッピングにしています。
想像通り、塩そのままのピンク色がでてよかった。
ピンク色は酸化鉄などの鉄由来の顔料ではないかなと思います。

オプションを入れた時の写真など
塩石けんを作っているところ

レシピは当日の資料を大公開(クリック/タップすると大きい画像が開きます)
塩石けんレシピ
ハーフソルトバーの作り方のコツは、こちらの過去記事をどうぞ
https://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2011-07-31

最後に。。。
実は自然素材系のバス◯リンで作ったことを少し後悔していて。
どうせやるならド定番を使うべきではなかったのか、何を日和っているんだゆりくま!

ということで、青くて青い、「クールバスク◯ン Wミントの香り」も入手しました。
コールドプロセスでは会に間に合わないので、石けん素地と練り練りしてキャンディー風に作ったのがこちら
青のバスクリン石けん

かなりの量入ってますw 青色健在。
ポロポロするので乾いてからMPソープでコーティングしていますが、wミントがぷんぷん香ります。
そして石けんとしてちゃんと使えます! クリーミーな泡で、満足です。

セリアのシリコンのキャンディーモールドを使ったのですが、手ごね石けんをぎゅうぎゅう詰めると、シリコンゴムなのでどんどん延びて、いくらでも入るんですよね。。。
なのでなんだか太っちょの肉球とブタさんになりました
お粗末


さて、次回のソーパー会 石けん研究会のお題は「はさむ」に決まりました。
気になっちゃったら、エア参加は止めません。どうぞ挑戦くださいませ

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

横浜ソーパー会201811と雨がテーマの石けん [■手作り石けん記録]

みずたま

幸せな時間からあっという間に2週間経ってしまった・・・
日差しの暖かな11月の日曜日、恒例の横浜ソーパー会でした。
いつもの気の置けない仲間と、会の趣もぐっとプライベート感を増してゆったりと、ほとんど脱線なくずっと石けんの話をしていたと思います。
そうあるべきだよね、そういう会だし(笑)

メインイベントの石けん研究会のお題は「雨」でした。
雨の石けん

いつもお題が決まった段階で、例えば〜とか思いつき(言ってみるだけでやらないやつ)を出し合ったりするのですが、その中で「工業地域の雨水厳禁」になってしまったせいか綺麗な雨水出品もなく、香りとデザインで攻めるものが集まりました。
不慮の事態により出品不能になった作品もあり(写真に写っていません)、計7作品の工夫やこだわりポイントを共有しました。

ゆりくまのは2点、保険をかけたけど結局両方出品です。

(実は出先でこのブログ記事を書いているのですが、ノートを忘れてしまったためレシピ等は後ほどこっそり追記します)

ひとつめ

■□■ みずたま ■□■
写真はこの記事トップのもの

水分量の違いを利用するゴールトスワールの応用で、同じタネで水玉模様を。
ゴーストスワールのテクニックを初めて世に広めた(とわたしは思っている)AUNTIE CLARA’S Handcrafted Cosmetics のブログでみた作品を、ずっと作ってみたいと思っていたのです
こちら
https://auntieclaras.com/2014/08/intentional-crop-circles-water-discount-as-a-design-tool/
実はこれはスワールを発表する前の実験的な作品です。

お手本ほどくっきり素敵にはできなかったけど、わたし的には満足。
外側の水分が多い方のタネにトレースを出しすぎて障害物のある型にうまく流し込めず、ところどころ穴が開いてしまったのだけがちょっと後悔です。

しっとり湿ったフローラルな香り、を目指しましたが、パウダリーな石けんらしい香りになりました。


ふたつめ

■□■ 空と君のあいだに ■□■

空と君のあいだに石けん

雨が降ってる歌謡曲から、中島みゆきさんの名作をチョイス

ソラ石けん と キミ石けん を作り分けて、あいだに アメ石けんを挟むというダジャレ作品!
を目指していたのですが、ソラ石けんのアイデアが浮かばず、キミ石けんに青色をつけるだけになってしまったことが未だに悔やまれる一作です。
子犬もつけといたから見逃して。。。

雨石けんは、冷たい雨なのでメントール入りの透明石けん
上に乗っけた雲は雨石けんを一旦溶かしたものにクレイを混ぜてホイップしてモコモコを作りましたが、ねずみ色のベントナイトクレイしか手元になく、めっちゃ雨雲っぽく。。。
そして電動のホイッパーを持っていなくてミニ泡立て器でちまちま混ぜたのでそれなりに地獄のような作業でした。

キミ石けんは。。。 黄身石けんです。安易。

こちらは濡れた土と草の香りをイメージしました。


作りかけ写真

みずたま
みずたまソープ
ラップの芯を小さいカッターナイフで切るのは無謀ということを学びました

黄身石けん
卵黄2個入り
卵黄2個入り石けん


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

アロエベラの石けん [■手作り石けん記録]

アロエベラの石けん

アロエベラのエキス入り石けん♪
自宅用

泡立ちレシピではないので控えめながら、とろとろの泡が長持ちしてきもちいい

濡らした石けんの肌と泡をいつまでもすべすべと触っていたい。

幸せ♪ ←変態


でも正直見た目とかどうでもいいんですよ。
泡泡すべすべ、さらにいい香りだったらそれで幸せ


ということで、いま虜のアロエベラ石けん 作成メモです

ひまわり油、コメ油、ココナッツ油、パーム油
けん化率 92%
アロエベラ汁 水分量の半分
ローズクレイ
EO/ ゼラニウム、ベルガモット、イランイランEX、フランキンセンス、ラベンダー、マジョラム、ローズabs.、パチュリ

コメ油のせいか5分トレースでさっさと型入れ、ジェル化

アロエベラでほんのりピンクなのですが、ローズクレイ部分のピンクに目が行くと全体が黄色く見えてしまう

アロエベラはまるっと一本買って、根元の厚いところの歯肉はシロップ漬け(食用)と化粧水用のジュースに、先の方の歯肉、皮と根元部分の剥いた皮をミキサーして濾過した汁をこの石けんに使っています
アロエの下処理の仕方はこちらをどうぞ。キダチアロエバージョンですが基本は同じです。
https://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2017-08-20

アロエベラ下処理

左上)買ってきたアロエベラ、でっかいので3つに切って冷蔵庫に入れました。
その切り口が赤くなりました。石けんが赤くなるのもこの成分で、皮に含まれています

右上)皮と葉肉に水を加えてミキサーしたものを漉した汁を煮沸してアク取りしているところ
左下)ピンクの汁が取れました。使わなかった分は冷凍です。

切り口の感じを見ていると、赤い成分が出てくるにはちょっと時間がかかるようだったので、ミキサーしたものをすぐ漉さずにしばらくおけばよかったかなと思っています。

手触りサイコーなので、また作ろう
というか今後全ての石けんにアロエベラ入れてもいいや くらいの勢いで。

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | - ■手作り石けん記録 ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます