So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
■フィトピグメント ブログトップ
前の3件 | -

6月12日 緑とオレンジの脂溶性色素の抽出 〜 フィトピグメント番外編 [■フィトピグメント]

カロテノイド抽出!

フィトピグメント講座 番外編 緑とオレンジの脂溶性色素
6/12(日)14:30〜17:00 @キュアルーム (新宿区下落合) ※満席 キャンセル待ち
お問い合わせ、リクエストはアンデリーズへ
http://andelies.sblo.jp/article/173426081.html

ハーブ等の脂溶性成分の抽出方法は、基本的にはエタノールや油脂など溶けやすいものに溶かし出します。
フィトピグメントの観点からも、紫根の色素のように一部例外的にピグメント化できるものを除いて、脂溶性の色素そのものは「ピグメント」ではないので対象外かなと考えていました。
緑のハーブは色素を取り出さなくても、ハーブパウダーの形で使えばせっけんに色が出せるものもたくさんありますし。

しかしながら「緑」リクエストは意外に多かったのです。

そこで、厳密にはピグメントではありませんが、普段せっけんやハーブ教室では教わらない(と思う)方法で緑の色素、クロロフィルを取り出して、いつものフィトピグメントのようにパウダーにする方法をご紹介する、番外編を開催することにしました。
やはり脂溶性色素のカロテノイドも取り出してみて、こちらは美容用途に使っていただけるよう濃厚オイルかバターの形でお持ち帰りいただくことを考えています。

緑のフィトピグメント風

番外編ということで、教科書をご説明するというより、わいわい楽しく試行錯誤もありながらで進められたらいいなと思っています。
ご参加予定の皆様、よろしくお願いします。


HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

フィトピグメント講座 新色 [■フィトピグメント]

20160417フィトピグメント花没薬

先の日曜日は久しぶりのフィトピグメント講座、新色の「花没薬」と「紫根」でした。

花没薬は膠状の「殻」のようなものと、お花からそれぞれピンクと黄色を取り出します。
鮮やかでかわいらしい色のピグメントです。

紫根は安定の紫、ですが、私が用意した見本(上写真)よりもずーっと濃い、高貴な紫色が取れたはずです。
アンデリーズさんに用意いただいた素材がたくさんのシコニンを抽出できるとても良いものだったので。
花没薬抽出液

初めての方も多くご参加くださり、楽しかったとの感想をいただけました。
おかげさまで5,6月開催分も全て満席とのこと。頑張らねば! です。

花没薬の会のクラフトはクレヨンで、こちらも大変喜んでいただけました。(写真ありません。。。)
クレヨン、やってみるとハマりますよ!

悪天候の中 ご参加の皆様、ありがとうございました。

花没薬のせっけん

花没薬のフィトピグメントのせっけん、色見本です。
黄色は赤みが強くなり、オレンジに近い色になるようです。つぶつぶは粉をよく溶かずに直接入れたから。。。 雑でごめんなさい。

ところでこの見本せっけん、色剤を変えて一緒に保温した別のせっけんと一緒に噴火してました。
型入れから4〜5時間後くらい? 浅くしか型入れしていないので噴火と言っても表面がひび割れた程度ですが。
保温も箱に入れただけでお湯などの熱は加えていません。
深い型じゃなくても噴火するんだね〜。 勉強になりました。この辺りはまた別のエントリーで書くことができればと思います。
噴火せっけん

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

桜のフィトピグメントとせっけん [■フィトピグメント]

桜のフィトピグメント

今年は、と言っても素材は去年や一昨年のものですが、桜からピンクのフィトピグメントを取り出す夢にかなり近づきました!

相変わらず拾った葉っぱとか、拾った枯れ枝とか、木を傷つけないように手に入れたものでなんとかしたいと思い続けています。

取り出した粉はオレンジっぽく見えるかもしれませんが、CPせっけんに入れればいい感じにピンクになってくれるようです。
桜染めせっけん2016

アルカリ性のMPソープでも、ピンクです
桜ピンクMPソープ

ピンクになりそうな桜のパーツから、前処理にも抽出にも、そしてピグメント化にもそれぞれプラスアルファの工夫を入れて、じっくり時間をかけて色を出していきます。
初めの粉の色を見るのに1週間くらいかかる、そうそう何回も取り組めない作業です。

でも達成感は半端ない♪

工夫のしどころで何パターンもの桜フィトピグメントができているので、全部の発色を確かめるにもまた時間がかかりそうです。
ダメそうなのもあるので、それはそれでお楽しみに。

拾った桜の枝フィトピグメント



そしてそして、最後に、ぜひご紹介したいのが、全日本フィトピグメント研究会(仮ウソ) ピンク部会部長 薬膳石けん教室 niena さんの作品です!
ブログをチェックくださいませ
ニーナ師匠の桜の石けん
http://nienayakuzen.blog.fc2.com/blog-date-20160302.html

さらに独自の工夫を加えられて、桜ピンクの取り出しに成功されました。ぱちぱちぱちぱち
お教室の色剤にも使われるそうです。
私も作りに行きたいにゃーー

同志がいるって嬉しいね。 niena部長! これからも宜しくお願いします!


mp桜
桜フィトピグメントのMPソープ、固めてみたのですが、微妙に失敗しました。。。
リハビリ必要です


※※ フィトピグメントとは。
フィト(植物の)、ピグメント(顔料)
植物の色素を顔料化して取り出したもので、ゆりくまの造語です。自然の色をもっともっと楽しむために、日々開発に取り組んでいます!

HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます

前の3件 | - ■フィトピグメント ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます