So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
├ インフューズドオイル ブログトップ
前の3件 | -

ティンクチャーとウルトラ抽出 [├ インフューズドオイル]

先日ウルトラ抽出についての質問メールをいただきました。
ご質問者の方にはすでに回答済みですが、同じような疑問をお持ちの方もおられるかもしれませんので要約して再掲します。
参考になれば幸いです。

緑茶石けん
2007年作 緑茶ウルトラ抽出オイルの石けん


■質問要旨

フィトケミカルの抽出に無水エタノールを使うと余計な脂溶性成分が抽出されるのでウォッカなどを使うほうがよいと聞いた。ウルトラ抽出では無水エタノールをつかうが、ウォッカではダメなのか。

■回答

当ブログでも紹介しているウルトラ抽出は「インフューズドオイルを作る方法」です。
無水あるいは95%エタノールに抽出した成分をオイルに移すため、脂溶性成分のみならず、オイルだけでは抽出しにくい水溶性の高い成分も抽出することができます。

ウォッカを抽出に使うのは一般的に「ティンクチャー(チンキ剤)を作る方法」です。
25~75%位のエタノール水溶液を抽出に用います。水溶性、脂溶性の成分が適度に抽出できます。

ティンクチャー、ウルトラ抽出ともに脂溶性、水溶性の成分を抽出できるというメリットがありますが、異なるのはその抽出液の使用目的です。

ティンクチャーは希釈して化粧水や乳液の水側の基材にするなど、「水」をベースにした使い方をします。(海外ではそのまま服用がメインかも)

もともと水分の多いウォッカなどで抽出したティンクチャーと比べて、無水エタノールの抽出物には多くの脂溶性成分が含まれているため、水で希釈するとワックス類、顔料化した色素成分など水には溶けない成分が顕著に析出・沈殿してしまうことがあります。したがって無水エタノール抽出物を水ベースの化粧品に用いるのは好ましくありません。質問中の「余計な脂溶性成分」というのはこのような析出物になりやすい成分の事を言われているのかもしれません。

インフューズドオイルはその名の通り「オイル(油)」なので、そのまま塗布したり軟膏やクリームの油性基材に用います。

そもそも脂溶性の成分を活用するための抽出方法、使用方法ですから、たくさんの脂溶性成分が溶け込んでくるのは大歓迎です。
オイルに直接抽出するためには温度や時間が必要ですが、やはり脂溶性成分を溶解しやすく素材にしみこみやすい無水エタノールを媒介させるウルトラ抽出なら短時間で効率よく進めることができます。


ウォッカをウルトラ抽出の媒介に使う事はあまりお勧めできません。
初めから水を存在させてしまうことでウォッカへの脂溶性の成分の抽出効率が落ちます。
また素材に水がしみこんでしまうため、そこにオイルを注いでもオイルが素材に入り込むことができず、残っている脂溶性成分も取り出すことも難しくなります。乳化作用のある成分によって濁りが出たり、水溶性の成分がオイルに溶け込みきれなくなったスカムが浮いたりするかもしれません。
ウルトラ抽出はあくまで「インフューズドオイルを作る方法」なので水を介させないほうがいろいろ面倒が無くてよいのではないかと思います。
(現実にはウォッカでもそこそこできるだろうと思いますが、あれば無水のほうが効果的でしょう。)


(2010.7.6 マニアックな追記)
■ウルトラ抽出で抽出される成分「脂溶性の成分に加え、水溶性の高い成分も抽出されます」の補足
「水溶性の成分が抽出される」という風に考えておられる方も多いと思いますが、ほとんどオイルに溶けないような成分はやはり抽出されないし、若干エタノールについてきたとしてもエタノールを飛ばし終わったところで不溶化してしまうでしょう。
「油にもそこそこ溶けるけど、水のほうが大好きなので油には出てきてくれにくい成分」を引っ張り出すくらいに考えておくのが無難です。


■ 「平衡」について
いささか専門的な話になりますが、抽出操作は「平衡」「分配」という現象に支配されます。
私は職業柄 頭では理解していますが短く説明できないので、まずは こちら(コトバンク :平衡)こちら(ウィキペディア : 分配係数)の「概要」の冒頭数行を読んでください(それ以降は無視してよいです)。
ある成分Aを接触で抽出しようとする時には必ず平衡の支配を受け、S相(個体相)に存在するA成分をO相(油相)へ100%移動させることは不可能です。ウル抽ではエタノールを介させることで平衡をずらし、より多くのAをO相へ 移動させます。しかしここでW相(水相)が存在し、かつA成分の親水性が強い場合、エタノールによってS相から抜き出されたA成分はO相よりW相にひきつけられてしまい、結局O相にはほとんど存在しないことになります。

つまり・・・はっきり言うと、
「本当に水溶性の高い成分もほしいならウル抽でウォッカ使わないほうがいいよ。使うとオイルに出てくる水溶性成分はかえって少なくなっちゃうよ。」ということ。
理由は「平衡」なんだけど上手に説明できなくて追記前の文章ではあいまいにしてしまいました。 ごめんなさい。
水まできれいに蒸散させられれば溶解可能な分はオイル側に戻ってくるけど、面倒ですよね。

--------------------追記終


ウルトラ抽出の方法などは以下の記事を参考にしてください

ウルトラ抽出のまとめと失敗事例 その1 (方法まとめ)
ウルトラ抽出のまとめと失敗事例 その2 (失敗事例)

元祖?ウルトラ抽出法 (はじめてやったみたときの記事)


人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いします♪

月桃抽出油 [├ インフューズドオイル]

かなり久しぶりに、濃い緑のインフューズドオイルを作成中です。
この週末に石けんにできるといいな。

月桃抽出中湯煎中



ところで最近はオイルを漉すのにこんなものを使っています。
ペイントストレーナーたっぷり!

エアスプレーなどに使う塗料用のディスポーザブルストレーナーです。ホームセンターのペンキコーナーで発見! プラスチックのほう、たしか1個45円くらいでした。
コーヒーのペーパーフィルタではろ過が遅いし、麦茶パックみたいのでは粉を漉し切れないので、ナイロンメッシュがいいなあと探していたところで、適当な成形品が無ければ生地をメーターで購入しようかと思っていたところだったので、早速試しに購入してみました。

目の細かいナイロンメッシュが付いていて、かなり細かい粉まで漉せます。逆に詰まりやすいですが、紙と違って丈夫なのでマドラーなどで少しこすって粉を動かしてやれば復活します。

漏斗型になっていてサイズが合えばそのままビンの口に乗せて使うことができるのがポイントです。
プラスティック製のほうが丈夫で大量のハーブが乗ってもびくともしないのですが、紙のものの方がろ過面積が広いので速いです。今回はハーブの量が多かったので、上澄みを紙のもので漉してから残りをどばっとプラスティックのほうに移して、ラップして一晩放置です。絞らなくてもいいかなというくらいに漉せていました。

麦茶パックやガーゼを上において粗く漉しつつ、漏れてくる細かい粉はこのメッシュで取るようにするれば最後にギュッと絞ることもできるので、更に楽かなと思います。

難点は、なにぶん塗料用なので衛生面には全く配慮されていないことくらいでしょうか。プラスティック製のは解体して洗うことができます(再組み立てはちょっと手間ですが)。紙のは洗えないので気休めにエタノールをスプレーしてみますが、そのまま肌に使うチンキなんかには少し抵抗があるので一応石けんオイル専用にしています。







センテラ浸出油 [├ インフューズドオイル]

美肌&抗しわ効果期待! センテラ浸出油を作りました。

センテラオイル~

センテラ(ゴツコーラ)をホホバ油で抽出しました。(薬局Gにあったのでまねっこです)
早く使いたくてウルトラ抽出です。スキンケア用、ウルトラ抽出/エタノールを使う浸出油の本来の使い方・・・ですよね。石けん用じゃなくて。
でも結局オイルを漉すひまが無く2週間くらい放置してしまいましたが。

写真一番手前のは センテラ浸出ホホバ、スクワラン、アロエベラオイル(精製オリーブ)、アルガンオイルをすべて等量+ネロリEOのブレンドオイル(あっ!脂溶性ビタミンCを入れ忘れてる)。
相変わらずの手のひらなんちゃって乳液&直塗り使用です。
左奥の斜光ビンがセンテラ浸出油原液です。

洗顔の後、一度化粧水を手でたっぷりなじませて、その後再度化粧水とブレンドオイル数滴を手に取り、両手のひらをスリスリして水と油をなじませた後、その手のひらをプレスするように顔につけます(これがなんちゃって乳液)。
油分付けすぎにならず油量の調節もしやすいので、もう乳液は作れません・・・。水分が無くて腐りにくいので保管の面でも夏向きです。

この後ローズマリー軟膏(スクワランブレンド&EOで香りつけ)を目元と気になる部分に軽くつけるのですが、そのときにセンテラを入れていなかったときよりも目の下にパリッと張りがあるような・・・?
1週間くらい使っていますが、ここ3日間くらいで違いを実感しているので今後期待大です。

今度ローズマリー軟膏を作り直すときにはこのオイルでワセリンを希釈して抗しわ(2乗)クリームもいいな。
そのためにはスクワランで抽出したほうがよかったかも。

---------------
ゴツコーラ (センテラ、和名はツボクサ・つぼ草、学名はセンテラアジアチカ)
アフリカ、インドから東南アジアにかけて分布しているセリ科の植物。温暖化により?日本でも福島県あたりまで自生しているとか。
有効成分は「アジアチコサイド」でトリテルペノイド配糖体、サポニンの仲間。
インドのアーユルヴェーダや民間療法では欠かせない代表的なハーブ。皮膚や血管の代謝機能改善及び活性化、脳機能の改善に有用といわれている。また抗酸化力が強く、美肌効果や皮膚の炎症を抑える作用、リラックス効果があるとされる。血行改善効果、利尿作用もあり、脚のむくみを解消する成分として使われる。
・・・とのこと。
従来は経口摂取が主ですが最近は化粧品成分として使われることも増えてきたとか。
センテラエキス、つぼ草エキスと表示されているようです。

アジアチコサイドについては こちらを参照。
http://www.supplement.to/06eiyou/1108.html


シングルハーブ「ゴツコーラ」 1袋15g入り

※当ブログ内の手作り石けん・化粧品等の使用感は私(ゆりくま)の個人的な感想です。すべての人が同じように感じられるとは限りませんし、材料が合わない可能性もあります。参考にされる場合には十分ご注意ください。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の3件 | - ├ インフューズドオイル ブログトップ
手作り石けん講座案内
手作り石けん講座案内
HandmadeSoapくまま FBページ HandmadeSoapくまま クリックよろしくお願いします
クリック応援ありがとうございます